無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル

2016年2月23日 (火)

昨日今日

 クロワッサンという雑誌・2017年2月25日號にパンの記事が掲載されました。amazonで入手できますがレヴューもありました。

クロワッサン2月25日特大号

                         3件のカスタマーレビュー                     

 この雑誌の読者からかなり反響があって100件を超える、電話、ファックス、メールでパンの注文をいただきました。パン工房は週一回月曜日が営業日で、営業日を増やすわけにもいきませんので、先着順にパンセットを送らせていただきますので、到着までお待ち下さいますか?という確認をいただいて注文をお受けしています。



 さきほどパソコンのファイルを整理していましたら昨年10月21日まで暮らしていた楽健寺の写真が入っていました。45年間暮らしてきた借家ですが、屋根を越えて大きく育っているのユリノキで、ユリノキに隠れて、枇杷の木も育っていました。

 先日車で通りかかると、この家も樹木も全て更地になっていて、いずれ老人ホームが建設されるという掲示がありました。

P1030909_2

P1030910

2015年9月20日 (日)

地震でダメージを受けたネパールの寺院修復の寄進のお願い

 ネパールのテラワーダ寺院のサダチッサ師とコリタ師からネパール地震でかなり寺院がダメージを受けたので、支援してくださいとのメールが届きました。
 両師は東光寺へ1995年頃だったと記憶しますが、来山されて幾日か滞在したことがあります。私も可能なかぎり応援したいと思います。
 ドネーションをお送りいただける方は 
 郵便振替【01020-8-71142 東光寺】
まで、一口3000円ご寄進をお願いいたします。住所氏名のほか、通信欄にネパール寺院 と記入してお送りください。
 お送りいただいたご寄進は私が責任をもって寺院へ届けます。
  磐余山 東光寺 山内 宥厳拝

Dear Most Ven. Yamanouchi.

How are you Ven?We are two Nepalese monks Bhikkhu Saddhatissa & Bhikkhu Kolita .we met you In Japan .
We are always grateful your kindness helping for Land of Buddha Nepal and our temple. Ven. knows Nepal we faced heavy earthquake and many people died and damaged many buildings.And Ven. our Buddha Bhumi Temple;s   Buddha hall and main gate also damaged.. we are sending you some photos. earthquake damage Temple hall & kitchen & dinning .  & this week repair going on .So Ven. please consider kindly some donation .   Please visit also web page
  Triple gem Blessing you good health & all Devotees yours in Dhamma Bhikkhu Saddhatissa & Bhikkhu Kolita    of Nepal monks

2015年8月 3日 (月)

集団的自衛権は自衛のために先制攻撃をするのか?

 集団的自衛権は自衛のために先制攻撃をするのか?  

下段の引用記事は、いまは削除されてしまい、沖縄の新聞にだけ削除されないで掲載されていた共同通信の記事のコピペを私がしたものである。この記事からは安倍総理が、仮想敵国が攻撃意思を表明していなくとも意思があると推測すれば先制攻撃が可能である、というふうに考えていることがわかる。これは先手必勝の先制攻撃を日本の政治家がしたがっていると、仮想敵国が判断したならば、日本を即座に叩かないと危険だという総合判断を導き出すに違いないのではないだろうか。いわばいつでも日本人はボタンに手を掛けているぞということで、安倍のいう集団自衛権というのは、敵を先につぶして自分を守るということに他ならない。平和憲法の9条が守られないということは戦争に直結するということだ。諸外国に対してこれほど危険な刺激を与えつづけてる安倍総理は、どこの国と交戦しても日本の勝利は揺るがないと確信していた旧軍人の発想とまったく同レベルで平和を根底から覆そうとしている。  


  ●以下引用です。
  安倍晋三首相は28日の参院平和安全法制特別委員会で、米国などを攻撃した国が日本への攻撃意思を表明していなくても、意思の有無を推測し集団的自衛権の行使に踏み切る場合があるとの認識を示した。「攻撃国に意思が全くないかどうかは推測しなければいけない」と述べた。6月に衆院特別委でも同様の考えを示している。質問した民主党の大塚耕平氏は「場合によっては日本が先制攻撃することになる」と批判した。  首相は、安全保障関連法案が成立すれば可能になる集団的自衛権の行使の判断をめぐり「攻撃国の意思や能力などを総合的に判断する。攻撃の意図を隠していることもある」と指摘した。 (共同通信)

2015年3月24日 (火)

第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺

     第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺  開催に寄せて

 真言律宗の寺・不空院では、2012年暮れより庫裏を利用してのヨーガ教室を開催してお ります。はるばる春日山の麓まで通う方が在るだろうか?との不安を他所に、年配者か ら妊婦さんまで幅広い層の生徒さんが集っておられます。
 現在では健康法の一つとして広まっているヨーガですが、本来は身体の修練により精神 の統一を目的とするものです。これは仏教の瞑想にも通じるところ。ヨーガと云う呼び 名自体、「瑜伽(ゆが)」つまり密教で行者の身・口・意の動きが仏と合致することを示 す言葉から来ております通り、空海上人が日本に伝えられた密教とは源流を同じくする もので、真言宗とは浅からぬ縁を持ちます。
 お寺でのヨーガは突飛なようでいて、実は 自然な本来の姿であると考えます。 指導にあたられる高橋トーマス先生も、単に身体的健全を得るのみではない精神的充実 に重きをおかれヨーガを納めて来たなかで、お寺で開催する教室に大きな意義を感じて おられます。事実、山門をくぐり御仏への礼を持ってヨーガを学ぶ方々のお顔には、穏 やかな充足の色を見て取れる此の頃です。
 その意義を持って、もっと多くの方々にこの充足を知って頂くべく、高橋トーマス先生 を中心に「奈良ヨーガリトリート」と銘打ちました催しを企画いたしました。
 本年は第 2回目となります。
 当方では手狭なため、当宗派の総本山である西大寺に会場を願い、 昨年は盛況となりました。高橋トーマス先生が師と仰がれお招きした友永先生のお力も 然る事ながら、西大寺の持つ情調が参加者に好評を得ました。
 本年は、東光寺・山内宥厳住職にも講師として御参加いただきます。
 師の提唱される生 き方は、ヨーガを通して仏教を通して活き活きと過ごし老いる教え。まさに現代社会が 今必要とするものと考えます。
 (山内住職には、6月より開講予定の不空院文化講座で 「山内宥厳の思想と楽健法」について連続の講座を担当していただきます。)
 ひとりでも多くの方々にお寺に足を運んでいただき、互いに密教の流れを汲む真言とヨ ーガの智慧に触れ、日々の暮らしがより一層豊かになりますことを願っております。  合掌      
             真言律宗・不空院住職 三谷弘範
  =========================
 昨年の「第1回奈良ヨーガリトリート」では、80人の募集に、100名以上のお申し 込みがあり、おかげさまで、友永淳子先生と西大寺の静謐な空間で、ともに瞑想する 「至福のひととき」を、多くの方々と共有することができました。
 「第2回 奈良ヨーガリトリート」を開催するにあたり、本年は、友永先生に加え、奈良 東光寺ご住職、山内宥厳先生をお招きし、この混迷する生きにくい現代を、確かな足取 りで、しなやかに豊かに生きておられるお二人の教えに触れる2日間を企画致しました。
 ヨーガは本来、身ひとつあればどこでも行じられるものですが、仏に祈り、真言を唱え、 掃き清められた歴史を重ねる寺院でおこなうヨーガは、格別です。
 身も心も魂も、隅々 まで浄められる清々しさがあり、現代の日本でヨーガを行ううえで、最高の場であると 感じます。
  昨年の参加者からは「静かに坐っていると、本堂の鐘の揺らす風と、木々のざわめき、 ホトトギスの声が聴こえてきて、心が洗われるようだった」「最後は真言が唱えられな いほど、静かに深い瞑想に入っていました」「気さくなご住職のお話とヨーガとマント ラ、奈良の言い知れぬ底力を感じ、予想を超えた贅沢な時間だった」などの感想をいた だきました。
 また、昨年の参加者から「友永先生のお話をもっと聞きたい」との声が多数寄せられま したので、本年は質疑応答の時間と日々の暮らしの中での「瞑想の必要性」について、 先生のお話をうかがう貴重な機会を加えました。
 そして、真言宗の僧侶である山内宥厳 先生からは、医者に頼らずに生をまっとうする生き方、家族から病人を出さずに 互い仲良く、生き生きと暮らすための「二人ヨーガ楽健法」を伝授していただきます。
 ヨーガの経験者も、まったくの初心者も、簡単に実践でき、大変効果の高い行法です。 「奈良ヨーガリトリート」では、ヨーガや楽健法の智慧を通して、神々の息づくこの 奈良の地で、いづれ地域の人々が、再び、お寺や神社、公民館に当たり前のように集い、 豊かな繋がりを取り戻す未来を想い描いています。
 最後になりましたが、「奈良ヨーガリトリート」の母体として場を提供してくださり、 惜しみない協力をしてくださっている不空院の三谷弘載ご住職、奥様の三谷智蓮尼の ご好意に厚く感謝いたします。お二人のおかげで真言律宗総本山、西大寺にご縁をいた だきました。昨年に続き、ヨーガ修行のために快くお寺を使わせて下さる西大寺の皆さ まがたにも、心からお礼を申し上げます。
        奈良ヨーガリトリート 実行委員会代表 高橋トーマス流美
 楽健法教室の受講生のかた、友永ヨーガの受講生の方は先生のご紹介による参加の場合は参加費の割引をいたしますので、お申し出ください。
5月2日(土)山内宥厳先生
「楽健法」の世界観~病気がくれるもの

9:00 楽健法実技
12:15 本堂拝観(不空院御住職先達による般若心境)
12:45 大茶盛
13:30 昼食(楽健寺パン弁当)
14:30 お話「『楽健法』の世界観」 (~16:00)


5月3日(日) 友永淳子先生

 ぶれない生き方を身につける

9:00 アーサナ
11:15 本堂拝観
11:45 昼食(精進弁当)
12:45 大茶盛 or 瞑想に備えて自由休憩
13:30 お話「瞑想の必要性」
14:30 プラーナヤーマ(調気法)・マントラ・坐禅瞑想(~16:00)
[募集人数] 各日100 名
[料金] 各日15000 円 2日通し券25000 円

[お申し込み方法]
narayogaretreat@gmail.com
まで下記の項目を明記の上、メールをお送りください。
①お名前 ②メールアドレス ③携帯番号 ④希望日(3日は大茶盛の出欠も)
[お問合せ 申込は]

奈良ヨーガリトリート実行委員会
mail narayogaretreat@gmail.com
tel 0742-26-2910 / fax 0742-55-0809(不空院ヨーガ教室)
blog  yoganara.exblog.jp



2015年3月 3日 (火)

奈良ヨーガリトリートin西大寺 楽健法とヨーガの二日間

   奈良ヨーガリトリートin西大寺

 2015年5月2日㈯〜3日㈰に奈良の西大寺で行われる楽健法とヨーガの講習会案内ビラが届きました。企画主催は奈良リトリート実行委員会です。西大寺の有名な大茶盛もプラグラムに入っています。

 5月2日は私が講師です。昼食には楽健寺の天然酵母パンが「楽健寺パン弁当」として調理に盛りつけされて出されます。楽健法元年の大がかりな講習会を企画してくださった担当のみなさんに感謝です。

 5月3日の友永淳子先生とは、私が初めて東京で楽健法の講習会を企画したときに広い会場が連続して確保できなかった時に、友永ヨーガ教室を使ってくださいと予定を変更して無償で貸してくださった大恩人です。友永ヨーガの指導者の方々も東京楽健法研究会にはだれかが欠かさず楽健法の勉強に来られ、東光寺のセラピスト講座にも参加されています。

 西大寺でこのような講習会が開催できることはとても意義深い、今後の楽健法普及の弾みをもたらしてくれるものと思います。

 この講習会のあと毎月奈良で私の人生を語る連続講座が企画されています。
 追って内容はお伝えすることとします。

Saidaiji1

下段の案内は送られてきた往復ハガキ大の印刷物ではなく、A4サイズのビラの原稿ファイルを頂いて画像に変換してアップしました。

Saidaiji

2015年1月30日 (金)

楽健法元年 今年の講習会の企画

 楽健法元年を宣して、今年はより意欲的に楽健法の普及に取り組むつもりです。
●これに呼応して、奈良市内の西大寺で5月2日にかなり大がかりに楽健法講習会を髙橋トーマス流美さんが企画してくれています。
●わが故郷の徳島市でも4月29日に下山礼子さんの企画で楽健法講習会が開かれます。
問合せ申込予約は、下山礼子さんまで 連絡先電話 090-4976-8801

上記は詳細が決まりしだい公開します。

●奈良テレビで2014年12月19日に放映された高山トモヒロさん出演の「気ままに歩こーく」という番組。楽健法体験の収録です。小学校の取材のあと東光寺山へ登って来られ楽健法の体験。 録画したテレビを再生しながらカメラで動画撮影しました。

このTVをごらんになって、昨日1/29、楽健法の体験に橿原市からご婦人が来られました。





2014年12月31日 (水)

2015年明けましておめでとう

2015nenga

    明けましておめでとうございます。

 新しい春が来て、楽健法の元年がきました。
 今年は楽健法元年と位置づけて、楽健法をもっと多くの人に知ってもらって、楽健法を実践出来る人を倍増する計画です。

 今年は楽健法を実践している方は、願ったことが叶うという人生のサイクルに入っていきます。私の守護神である明宝大明神に初護摩のご祈祷でも楽健法の広布を至心に祈願いたしました。

 今年は休刊していた「東光寺だより」を復刊して「楽健法だより」と名前を改めてA4サイズ4ページで刊行します。楽健法の体験談や楽健法講習会、サロンなどのニュースを掲載して配布します。同じ内容のPDFもダウンロード出来るようにしていきます。

 原稿は一般からも募り原稿を頂いた方には些少ながら謝礼をさせていただきます。編集委員も募り意見を交換しながら刊行していきます。ご意見などお寄せください。

 編集委員 
 編集長・山内宥厳 
     中筋千晶 近藤琴美 西澤真由美 村澤昭子 小菅一江 戸塚恭子
     三保政充 山内幸子

 

2014年11月25日 (火)

安益耕平画伯の版画の頒布会

 友人の安益耕平さんの作品

 安益耕平さんは1975年に大阪の今橋画廊で初個展を開催して以来、40数回の個展を開催、2003年からニューヨークでも個展を開いてきました。
 1979年 新制作協会展 入選
 1983年 千葉県立美術館 浅井忠 記念賞展 入選
 1988年 東京セントラル美術館 油絵大賞展 入選
 1989年 エメラルドシティ・クラシック展
     Special Tristelion Achievement Award 大賞受賞
     (アメリカ カンザス州 エメラルドシティ)
 1989年 第1回 ジャパン大賞 入選
     (日本洋画商協同組合アート・ホール/東京)

 などの受賞歴があります。

 以下に紹介する作品はアメリカでも人気の作品で、残部は少しだそうです。
  

Th_dscn0954

シルクスクリーン 題名「Beet field」 65版 65色 サイン ロット番号入り
作品サイズ 529×455ミリ 
市場価格 180000円

Th_dscn0955

ポトグラビオ 題名「DAIRY FARM」サイン ロット番号入り
作品サイズ 639×555ミリ
市場価格 80000円

Th_dscn0953

リトグラフ 題名「クラリネット」サイン ロット番号入り
作品サイズ 235×330ミリ 
市場価格 70000円

Th_dscn0952

リトグラフ 題名「前夜」サイン ロット番号入り
作品サイズ 250×203ミリ 
市場価格 70000円

アトリエの整備などで、作品の頒布をされています。
市場価格の半額程度で頒布されるとのことです。
ご希望の方はメールをお送りください。

2014年7月27日 (日)

米子楽健法講習会のご案内

二人ヨーガ楽健法米子講習会のご案内

 

楽健法とは二人一組になって相手のからだを足で踏んでほぐしていくものです。

固くなっている筋肉をほぐし、血液やリンパの詰まりを取り除き流れを良くして、体にたまった老廃物が排出され代謝が促されます。体がスッキリ軽くなり踏んだほうも元気になります。また、相手とコミュニケーションを取りながら行うため、思いやりや気づかいの心が生まれます。日頃の疲れを楽健法で解消しましょう。

 

講  師:山内宥厳先生 楽健法研究会本部 奈良県桜井市谷 東光寺住職

 

日  時:  平成26年11月29日(土)  ;             平成26年11月30日(日)

             9:30~受付開始             8:30受付開始

            10:00~12:00(講義)          9:00~12:30(実技講習)

            12;00~12:30(昼食」)

            12:30~16:00(実技講習)

            16;30~懇親会

会  場:M3 エムスリーカルチャースクエア 米子市錦町1-20-4(0859342377)

 

持参する物;フェイスタオル1枚動きやすいズボン長袖Tシャツでご参加下さい。

        ヨーガマットをお持ちの方は持参してください。

 

{申込先}

  楽健法の里 090-9464-1149  0859-34-1684(TEL/FAX) 西山

 

        29日午前のみ参加   4000円  ・29日午後のみ参加  7000円

        29日全日参加     10000円  ・29日懇親会は希望者のみ各自負担                      

                                           (昼食は参加費に含む。)

        30日参加費       7000円(講習終了後は解散となります。)  

 

          *いただいた個人情報は楽健法以外では使用致しません。

 

 

2014年5月27日 (火)

7月12日夜 東光寺のインド舞踊とひとり芝居 案内

         東光寺の催し案内 

日 時   2014年7月12日(土)  

会場   東光寺本堂      駐車可   
開 演   インド舞踊   18:30〜19:15                         一人芝居    19:30〜20:40

入場料  2500円  当日受付で。

マドゥ・プリヤさんの奉納インド舞踊奉納は13年間、続けています。
山内宥厳和尚のひとり芝居と相まって年中行事となっています。

ぜひ、この機会にご観覧ください。

Regard

 ●マドゥ・プリヤさんのメッセージ

 おかげさまで東光寺での奉納舞台も今回で13回目を迎えることになりました。
 これも山内宥厳先生、幸子先生のご厚意と楽健法の生徒の皆様のご協力のおかげです。今年も感謝をこめて精一杯踊りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 ここ5年ほど、一人の神様にテーマを絞って長い重厚な1曲を踊ってきましたが、今年は趣向を変えて、異なる神様の曲を二曲:世界の破壊を司り、踊りの王であり、ヨーガ修行の守護神でもあるシヴァの踊りと、シヴァのパートナーで美しく慈悲深い女神、ドゥルガーの踊りを紹介したいと思います。

 前者では、太陽の何千倍、何万倍もの勢いで光り輝くシヴァ神の踊る姿が、いきいきとダイナミックに描写されています。

 またシンバルとステップのリズムの掛け合いも見どころです。

 後半の女神の踊りは、彫像のように美しいポーズと、ダイナミックなジャンプや回転が特徴のとても華やかな踊りです。

               ========================================

      ひとり芝居 

     がらんどうは歌う 

 昭和20年7月3日夜、徳島市は米軍の空襲によって焼き払われました。
 小学校(当時は小学校とは言わず、国民学校と呼称した)3年生だった山内宥厳(博之)は飛行機の爆音と焼夷弾の落下音、燃える町を背に、父に早く逃げろとうながされて弟とふたりで必死に逃げました。この時の経験を踏まえて書いたのが、がらんどうは歌う というひとり芝居の戯曲です。この芝居は劇団・阿修羅という劇団名で俳優の浜崎満が演じ、山内宥厳は演出と音楽、照明を担当して、大阪、東京、長野、神奈川、神戸など各地で公演を重ねてきました。

 東光寺へご縁ができてからは、宥厳和尚が俳優として演じるようになりました。
 一時間ほどの芝居ですが、いつまで演じることができるだろうかと思いつつ今年もチャレンジします。ピアノも宥厳さんが演奏する笛も即興でどんなコラボになるのか、楽しみにぜひご来山ください。

作・演出 出演  山内 宥厳
    ピアノ  西澤 真由美
    照 明  近藤 琴美

 入場料 2500円 電話で予約してください。

 駐車場あります。
 終演後、食事の接待があります。

==============================

山内 宥厳

磐余山 東光寺 楽健法研究会

〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1

電話と電紙 0744-46-2410

携帯 090-4301-0228

ytokoji@begin.or.jp

http://www2.begin.or.jp/ytokoji/

==============================

 


«楽健法研究会阿蘇研究合宿

最近のトラックバック

ウェブページ

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29