最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月に作成された記事

2010年2月19日 (金)

インド、バンガロールでの楽健法活動 1/31~2/13

f:id:ytokoji:20100201124418j:image

f:id:ytokoji:20100203235734j:image


 工藤和子先生一行5人がバンガロールのアートオブリビング本部へ楽健法の伝授に出かけました。シュリ シュリ・ラビシャンカール師が企画したプログラムに従い、アーユルヴェーダ医師、アーユルヴェーダのテクニシャンなど10名余が選ばれ、楽健法の特訓教室が6回連続で開催されました。

f:id:ytokoji:20100204094535j:image

f:id:ytokoji:20100204120416j:image

f:id:ytokoji:20100204094634j:image

f:id:ytokoji:20100211120723j:image

写真は受講したアーユルヴェーダのテクニシャンたちとの記念写真。同行した広島の下迫淑子さんが楽健法と墨書してプレゼント、とても喜ばれたそうです。

工藤和子さんはシュリ シュリ・ラビシャンカール師に6回の楽健法をしました。

シュリ シュリ・ラビシャンカール師には、世界中から沢山のひとが訪問しても、だれでもなかなかお目にかかることもできない存在ですが、師のほうから希望されて毎回数十分の時間を割いて、6回も楽健法をしたことは、今回通訳を担当してくれた、ニーラさんによると、あり得ないような事だったとのことです。

 ニーラさんも普段は面談もなかなか叶わないのに、シュリ シュリ・ラビシャンカール師の身近で長時間の通訳をすることになったことで、大きく面目をほどこしたことになったようです。昨年の5月に新幹線のなかで私がニーラさんに出会ってから一年足らずのうちに、このような展開になっていったことは、ニーラさんのいいことは広めなくてはという熱い思いがあったればこそです。

f:id:ytokoji:20100207143740j:image

写真はシュリ シュリ・ラビシャンカール師と記念の撮影。

同行したのは下迫夫妻と

f:id:ytokoji:20100204231343j:image

f:id:ytokoji:20100204231334j:image

マットシマ夫妻

今回のインド訪問のきっかけは、マット夫妻が2月にインド旅行をするということからはじまりました。マット夫妻は2月いっぱいはインドの旅を楽しんでいられます。

以下は Art of Living の写真いろいろ

f:id:ytokoji:20100201131444j:image

f:id:ytokoji:20100201135800j:image

f:id:ytokoji:20100202164947j:image

f:id:ytokoji:20100205232404j:image

シュリ シュリ・ラビシャンカール師がいよいよ舞台へ


f:id:ytokoji:20100204235706j:image

呼応するる世界各国からきたメンバーたち


f:id:ytokoji:20100210223821j:image

バナナの葉に載せられたインド伝統の食事も体験させてくれました。

2010年2月16日 (火)

古田希和子さんの香港での楽健法活動 

2010年2月11日 


古田希和子さんが香港理工大学の日本語を学ぶ大学生を対象にgenderの問題で講演を依頼されて自己の楽健法による生活の変革について話をすることになりました。楽健法を学んで他人に楽健法をすることによって、何がどのように変わっていったか、ということについて、体験を通しての女性としての自覚、現状、今後の方針など話しました。

f:id:ytokoji:20100211193936j:image

自己紹介 名前は、、、



f:id:ytokoji:20100211194640j:image

楽健法の護身法を皆様にプレゼントします、、、


ただし、この護身法というコミュニケーションテクニックの効果は強力で、否定的なエネルギーを肯定的に変換してくれます。ですので、否定的な願いを持つと双方の間でコミュニケートが行われた結果、ご自分にも戻ってきますので、お気をつけくださいね。



f:id:ytokoji:20100211194756j:image



f:id:ytokoji:20100211201718j:image



f:id:ytokoji:20100211202357j:image

香港で自作している楽健寺の天然酵母パンでーす

司会してくださった担当の菅井先生が楽健法の本を紹介してくれました。



最後に、、、人生は苦しいことのほうが多いかもしれません。しかし、されどそういう状況のなかでさえ喜びを見いだし、それを乗り越えていかれる仕事を持たれますことを切にねがっています。



関心を抱いた学生と先生からは五分間という短い時間の中で、楽健法についての質問がありました。


香港で楽健法の施療を希望する人がすこしずつ増えてきているそうです。

2010年2月 4日 (木)

堀江眞美さんのバースデイライブ 2月27日(土)

Dear,My Friends,

Here is the Information for My Birthday Live Party!

Please come! and see me !and Have a good time with Good Music ,

MAMI BIRTHDAY LIVE AT SOMETIME

DATE FEB' 27TH SAT

TIME 13:30~17:00

PLACE SOMETIME IN KICHIJOJI <JR KICHIJOJI STATION >PHONE

0422216336

please make a reservation by mail or call mami 090-1534-2997

fax 03-5356-7410

BAND SOLID GROUND

Dennis Bradford Drums

Mami Horie Piano /Keyboard/Vocal

Kiichiro Komobuchi Bass

Tod Carver Gt

Andy Wulf sax

and many Guest Musician&Singer

4,000yen <included music charge &1drink ,>

ご友人の皆様へ、堀江眞美バースデーライブにぜひご参加ください。

日時 2月27日 土曜日  13時半~受付 14時~17時ライブ

場所 ジャズクラブ サムタイム 

   吉祥寺<JR吉祥寺駅よりサンロードに入り伊勢丹裏徒歩3分>

   電話0422ー21ー6336

バンド ソリッドグラウンド


デニスブラッドフォード 

ドラム  ジェフロー バーフュージョンのオリジナルメンバー、

アメリカのフュージョンを代表するドラマー



堀江眞美    

ピアノ、キーボード、ボーカル 

千の風になって<秋川雅史>のオリジナルピアニスト&アレンジ、

過去にジャズボーカル賞を受賞



コモブチキイチロウ   

ベース ソリッドのアルバムでも名演奏をしているトップベーシスト、

小野リサ バンドでも 活躍



トッドカーバー     

ギター  ジェフローバーフュージョンのオリジナルギタリスト



アンディウルフ     

サックス ソリッドに不可欠な存在、カナダ、アメリカ、日本で活躍中他 

一流のアメリカンミュージシャンやシンガーのゲストあり、

オリジナル、R&B、ジャズ、色んな音楽を楽しんでください。


参加費  4000円 <ミュージックチャージ&1ドリンク付き>      


当日はワインや自慢の焼酎などすべて1杯500円にて販売いたします。

ご予約  お早めにおねがいいたします。

直接眞美の携帯 090−1534−2997 

ファックスは 03−5356−7410までおねがいいたします。

セカンドアルバムの新曲も発表の予定です。お楽しみに!!!

I hope I can see you soon,

love mami

2010年2月 2日 (火)

楽健法を連載した「うかたま」7冊セット販売開始

農文協発行の季刊誌、うかたまに第10号から第16号まで楽健法の連載をしましたが、好評で、これを読みながら楽健法を家庭でやり始めた人たちから、本格的に習いたいと問い合わせがあり、楽健法教室へ来るようになったひともいられます。

うかたまには日本各地の料理の紹介やレシピなども毎号掲載されていて、楽健法の連載された冊子をまとめて購入される楽健法の生徒さんもいます。

今回、農文協と相談して、セットで送料無料の販売をすることになりました。

http://www2.begin.or.jp/ytokoji/ukatama/ukatama.htm

一家に一冊、1セット、常備しておきたい「うかたま」です。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »