« 注目の映画「GATE」、福山で上映! | トップページ | 東京楽健法研究会メンバーの東光寺合宿4月2~4日 »

2010年3月19日 (金)

広島タッチ・コミニケーションの企画案内

広島のNPOタッチ・コミュニケーションの宇治木敏子理事長からのメールを紹介します。楽健法のHPに子供たちが楽健法をしている写真を掲載しているのは、ここの会の講習会の様子です。今年、7月4日日曜日は私の出番が予定されています。


f:id:ytokoji:20100319153607j:image


山内先生、

いつもメールをありがとうございます。5月23日に、広島でNPO日本タッチ・コミュニケーション協会の年に一度の総会を含めた教育講演会を予定しています。添付ファイルでチラシを送信します。

最近、子ども、老人に対しての虐待のニュースが毎日のように流れていますが、3月3日には、先生のお膝元、桜井市でも5歳の長男に食事をあたえず、死なせた両親が逮捕されたと、報道されていました。

人間を超越した力を信じられないように教育されてしまった日本で、ヨーガやアーユルヴェーダの『何のために人は生きるか』真の自己成長の智慧を一般のお母さん達に分りやすくプログラムした、タッチ・コミュニケーションの活動をもっと広く普及させていかなくてはと、気持ちばかりが焦ります。

山内先生におかれましては、7月4日日曜日(1時~4時)命の洗濯~タッチ・リレー講座全6回~に御講演頂く折に、スタッフ一同ご教授いただくのを楽しみにしております。

このリレーは1月に第1走者の柴田高志先生から、3月14日にマタニティヨガ代表森田俊一先生、5月23日飯田国彦先生と繋がり、そして7月4日山内先生に手渡る予定です。

夫の母は被爆者でありました。広島の原爆の被害は、未だに心や魂に残る傷として、私の人生にも大きな影響を与えています。私たちNPO日本タッチ・コミュニケーションの活動は、人が身動きつかない、助けても言えない、誰かにお世話にならないと生きていけない時期に、どのように扱ってもらいたいのか、を赤ちゃんの立場から感じてみよう、と言うプログラムです。私たちも、これから、病気や、介護で手あついケアを必要とするときに、心をこめた精神的肉体的プラスのストロークが必要になる場面があるはずです。これは、決して赤ちゃんだけの問題ではなく、人としての人権と権利の問題だと考えています。ヒロシマから『人類の希望』タッチの活動を世界に広げていきたいと、想いをあらたに感じています。

宇治木敏子

« 注目の映画「GATE」、福山で上映! | トップページ | 東京楽健法研究会メンバーの東光寺合宿4月2~4日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/36312508

この記事へのトラックバック一覧です: 広島タッチ・コミニケーションの企画案内:

« 注目の映画「GATE」、福山で上映! | トップページ | 東京楽健法研究会メンバーの東光寺合宿4月2~4日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル