« この絵はだれでだれが描いたか | トップページ | 和泉国分寺の楽健法講習会10月1日 »

2010年9月25日 (土)

スリランカでほっ 仏教は心のアーユルヴェーダ 岩瀬幸代

岩瀬幸代様

昨日「スリランカでほっ」をご恵送いただき有難うございました。昨夜読ませていただきました。スリランカの自然がたっぷりとある風土のなかで暮らしている非文化的な生活環境が、私などが育ってきた昭和10年代から戦後にかけてもまだまだ残っていたことを思いだしながら拝読いたしました。

書き出しの不幸だったかも知れないサランラップを重ねてという十三年間の記述、痛みを感じずには読めませんね。

スリランカの仏教とはなにか、という問いかけも探索も大切ながら、生活の環境がどう変わっても、日本でもアメリカでもスリランカでも、生き物としての人間が、賢く、あるいはおろかに、あるいはずるく、たくましく生きているものであると思います。宗教、あるいは仏教なくしては人は幸福になれないだろうか。

日本の仏教の歴史などを考えても、仏教が入ったことで、幸福になった人と不幸を味わされたひととのどちらが多かったか、などと私はよく自問しました。

同時代に生きている人間のエゴや差別が、古今を問わず、おおくの人間の生きることの困難を作りだしてきたのですね。いまもそのままです。

ありのままに広く見わたせば、どこの国の人間も始末のわるいものではないか。
スリランカのなかにもそうした悲惨は現に散在している。そのなかで、仏教がいかなる役割を担えるのか、当為を自覚した僧侶たちの活動など、今後も探ってお知らせください。

最近刊行した農文協からの「楽健寺の天然酵母でパンを焼く」を贈らせていただきます。

ますますのご健筆を。

山内宥厳拝

51pfayuwal__sl500_aa300_

     アマゾンで購入 できます

« この絵はだれでだれが描いたか | トップページ | 和泉国分寺の楽健法講習会10月1日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

山内宥厳先生

拝啓
この度は、ご丁寧なメールを頂戴し、恐縮しております。
さっそくお読みくださったとのこと、どうもありがとうございます。

さまざまな方から徐々に感想が寄せられており「仏教に興味がわいた」「同じ世代として共感できる部分が多々あった」「一緒に旅をしているみたいで楽しく、ストーリーがしみこむように入ってきた」など、読まれる方によって、感じ方はさまざま。というか、いろんな読み方をしてもらえる本だと思ってもともと書いているので、さまざまな角度からの感想が寄せられるのは、とてもうれしいことです。

ゆうげん先生にとっては、スリランカでユニークな社会活動をされている僧侶たちの話が最も興味深かった・・・ですよね?なにしろ、日本で天然酵母パンを焼いて、楽健法を教える、ユニークなお坊さん・・・それが、ゆうげん先生ですから(^^)。

私の仏教知識は、小指の先ほどのものでしかなく、お恥ずかしい限りですが、それでも多くのことを学んだ気がしています。自分をより客観的に見て、判断して、ぶれない精神が少しずつではありますが、身についてきているように感じています。

冒頭の、13年間のサランラップの話は不幸そうに見えちゃいましたか?ありゃりゃ・・・(^^; 書き込みすぎちゃったかなあ。不幸って、そんなんじゃあないですよ。それなりに楽しかったし、教わったことも多かった。ただ自分が見えなくなっていたんです。多分同じように感じたことのある女性は多いんじゃないかなという気がします。ゆうげん先生は男性だから、この辺のことはご理解いただきづらいかも・・。

誰もがいろんな人生を生きていて、いいこともあれば悪いこともある、その一ページに過ぎません。

いずれにしても、旅はいろんな出会いがあり、その中でさまざまなことを感じ、考えさせ、いつも私を成長させてくれます。自分の旅の記録を通じて、読んでくれた人が何かを感じ取ってくれれば、幸せに思います。

本当にいつもありがとうございます。
これからも、ご指導くださいませ。
                                             敬具

岩瀬幸代 拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/36915578

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカでほっ 仏教は心のアーユルヴェーダ 岩瀬幸代:

« この絵はだれでだれが描いたか | トップページ | 和泉国分寺の楽健法講習会10月1日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル