« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月に作成された記事

2011年6月19日 (日)

原発安全宣言と私の将来の予見

原発:夏前ありき「安全宣言」…再稼働要請へ 毎日新聞http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110619k0000e040002000c.html

 原発の安全宣言を海江田万里経済産業相が出したが、福島原発が終息どころかチャイナシンドロームだと見られているというのに、安全宣言とはどういうことなんだ、という疑問をもたれて当然のタイミングといえよう。福島原発は東京電力という名うてのたちのわるい会社だから事故を起こしたが、他社についてはあんなお粗末な無責任会社ではありません、というお墨付きを与えたということなんだろうか。

脱原発が世界の潮流となろうという福島の原発事故だったが、日本が脱原発へと梶を切るためには、もういちど各地の原発を稼働させて、そのうちの複数の原発が事故を起こすことが必要である。その可能性のもっとも大きいのが浜岡原発なんだろう。

 菅総理は浜岡を停止させたが、停止中だからといって、浜岡原発がそれで悲惨な事故が起きなくなったわけではなく、直下の大地震が起これば、たちまち日本が廃墟となることは停止しているからといって変わらないわけで、原発の事故の確率は高いままである。

 懲りない面々ということばがあるが、原発推進のひとたちはまさしく懲りないひとたちで、安全ですということが如何に嘘っぱちであったかということを東電は証明してくれたわけであるが、明日は我が身ということを、各地の原発の運営に当たる会社は自覚すべきである。

 もし浜岡に事故が起きたら関東一円、東京都も無人の廃墟となり、電力などふたたび必要ではなくなる。

 原発の稼働を試みてまた事故を起こし、ほぞをかむがよかろうと私は思う。

 私の寿命の尽きない内にそれを見なくてすむように祈るばかりだ。

 

2011年6月 7日 (火)

酵素風呂での講習会案内 7月7日奈良市で

  **** 東光寺だより 2011年6月7日 ****

  
 酵素風呂という風呂があります。木材のおがくずを大きなプールに背丈ほどい
れて、培養した酵母菌をこのおがくずに混ぜて攪拌するとおがくずが醗酵してき
ます。醗酵したおがくずは醗酵熱を出します。楽健寺の天然酵母パン作りでも醗
酵したパン生地が発酵熱をだしますが、これと同じことです。
 酵素風呂の発酵熱は70℃ほどにもなりますが、ここに砂風呂のように身体を
埋めてもらいます。酵母の熱と酵素の働きで、身体が芯からあたたまり、発汗し
ながら身体をほぐしてくれます。
 
 私は大阪で30代の半ばから20年間ほど毎週2回以上は酵素風呂に通いました。
 酵素風呂のあとで楽健法をやりますととてもからだがほぐしやすくなり効果が
倍増するのです。私の二人ヨーガ楽健法という本の後書きにも、酵素風呂を活用
することができたらという夢を書いていますの参照してください。
 
 このたび奈良イオンハウスという酵素風呂に入ってから楽健法をするという講
習会の企画を立てましたのでご案内いたします。
 
日時:7月7日 参集9:00  開講9:15~15:30 時間厳守 
会費:1万円 
定員:24人
場所:奈良イオンハウス 
   住所 奈良市鹿野園1191
   電話 0742-23-4580 会場へアクセスなどのお問い合わせはここへ。
   ホームページ http://www.geocities.jp/naraionhouse/

予約締め切りは、6月30日です。

メールまたは電話で、住所氏名携帯電話番号もかならず記載してお申込ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
申込は ytokoji@begin.or.jp まで。
電話と電紙 0744-46-2410

先着順に受け付けします。定員24名 で締め切ります。お申し込みいただいて
も先着順ですからお断りする場合がありますのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

持ち物ですが、基本、楽健法講習会の時と同じですが、酵素風呂のあとは、汗が
良く出ますので、替えの下着があったほうがいいと思います。
(楽健法をするときは、柔らかいパンツ、長袖のTシャツ、運動着、などをご用意
ください。
タオルを2枚、枕カバーとか汗ふきなどにご用意ください。)


アクセス:
●電車をご利用の場合
JR奈良駅下車  
奈良交通バス6番のりば 8時4分発 123系統 奈良春日病院行
        
近鉄奈良駅下車 
奈良交通バス4番のりば 8時7分発 123系統 奈良春日病院行
共に運賃は、320円です。

会場は奈良春日病院前バス停で下車、坂を上って1分ほどで右手にあります。

JR奈良駅から近鉄奈良駅を通りますので、同じバスに乗ることになります。
注※帰りのバスは、18時31分 124系統JR奈良駅行しかありません。
(近鉄奈良駅にとまります)
駅からタクシーですと、1600円ほどかかります。

●お車をご利用の場合
阪奈道路 近鉄奈良より約10分
西名阪 天理インターより約15分

http://www.geocities.jp/naraionhouse/map.html

駐車場は、13台(うち軽2台)停められます。

==================
東光寺 楽健法本部 山内宥厳
〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1
電話 0744-44-2388
電紙 0744-46-2410
携帯 090-4301-0228
メール ytokoji@begin.or.jp
携帯 yugen-tokoji091226@softbank.ne.jp
http://www2.begin.or.jp/ytokoji/
====================

2011年6月 5日 (日)

103歳の金森貞江さん

 島根県の簸川という町、田園風景がひろがる里山の一角に臨済宗の寺院、西光院がある。広々とした寺の座敷を開け放って、眼下にひろがる田植え前らしき、雑草がのびた田んぼには黒い牛が3頭放牧されていて、草を食べているが、痩せた牛たちで、まるまるとは太っていない。福島から預かっている牛だろうかというひともいる。 昨日の楽健法の講習会には19名が参加。朝10時開会。午前中は講義2時間。西光院の精進料理をいただいてから午後は実習。 楽健法が終わってから、夕食の精進料理を準備されている間に、庭に103歳のお寺のお婆ちゃんがいられるよ、と小松さんが呼びに来たので、庭で鉢植えの手入れをされていた金森貞江さんをみんなで取り囲んでお話をうかがった。

部屋にもいれていただいて、二段式の縫い上げたばかりの見事な着物を見せていただいた。書家としてもいろいろ作品があるとかで、西光院の精進料理も貞江さんが手がけてこられて有名になったとのこと。

ほかの画像もアップしようと試みたが、このホテルのLANからどうもアップできないようなので帰山してから追加をします。

以下は追加です。

 西光院の門前の田園風景。痩せた牛が雑草の生えた田圃に放し飼いされていた。福島から引き取ったのではないか、などと思うが不明。 田圃のまわりには電線が張られていた。太陽電池から電気をながしていた。 三人姉妹が楽健法講習会に参加、昼食のあとの休息タイムに田圃の牛を見学にきました。囲みの電線に触ってみて、びりっと電気を感じてきゃっと叫んだりしていました。私は電線には触ってみませんでした。苦手!!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル