« 俳優山本太郎の福島取材特集ニュース番組 | トップページ | 笛・港野喜代子さんの思い出  »

2011年7月26日 (火)

なにが起こるかはわからないが

 政府の原発事故の対応は、国民の生活や健康を守るという方向ではなくて、過去の国家の政策の結果起きたことを糊塗して、軽く問題のないものと見せる虚偽の発表を繰り返していることが見え見えですから、これでは国民には信ずるべき対象や根拠は与えられず、安心した生活が送れません。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/13228

 週刊現代が独自の調査をしたという記事が上のネットにも掲載されていますが、いろいろなデータが出てきても、これにも疑心暗鬼にならざるを得ない心理が働きます。

 広瀬隆さんが、東電やその背後の事故の責任者を刑事告発していますが、それらは全く報道もされないで、反原発の煽動者という扱いで、政府やマスコミは臭いものには蓋をするだけでなく、信ずるに足りない煽動者扱いをしようとしているようです。

 これだけ大きな原発事故を起こしたら、検察はただちに動いて責任あるもの取り調べるのは当然ではないかと私は思っていましたが、被害者はあっても加害者はどこにもいないという日本の現状はまさに破綻した国家だといわざるを得ないですね。

« 俳優山本太郎の福島取材特集ニュース番組 | トップページ | 笛・港野喜代子さんの思い出  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/40961988

この記事へのトラックバック一覧です: なにが起こるかはわからないが:

« 俳優山本太郎の福島取材特集ニュース番組 | トップページ | 笛・港野喜代子さんの思い出  »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル