« 7月7日の東光寺本堂でもコラボ インド音楽 | トップページ | 俳優山本太郎の福島取材特集ニュース番組 »

2011年7月14日 (木)

菅さんの脱原発

 今朝、菅総理が脱原発を表明したというニュースが出ましたが、日本の総理として行政の方向として表明したのではなくて、一個人の思いつきの発言ぐらいにしか受け取られないという軽さがあります。福島第一原発の事故後か浜岡原発の停止を表明したときにでも、脱原発の表明をすればもっと世論が受け入れてくれたかも知れませんが、ここまで支持率が落ちてから脱原発を表明しても、人気回復をはかる低次元の発言だとしか受け取れない。

 日本には、多くの嘘がまかり通っている現実があります。日本の憲法も、立憲の思想を無視して、軍隊を持ち、軍隊ではなくて自衛隊なのだ、などという論理をふりかざすとだれもこれをあやしまないばかりか、正当性さへ備えてきて、憲法の精神が絵空事になってしまっています。憲法は空洞化されたまま、現実に合わせて改憲することもしない矛盾をだれもあやしまないというのが、日本人の現実対応の仕方です。

 菅総理の発言はいまや狼少年のごとく、次々と思いつきの発言を繰り返しているので評判が悪くなっているのですが、脱原発という発言を、思いつきの現実性のない発言ではなくて、実行しうる発言であり、この発言を機に、本当に梶を切り替え、脱原発という方向性へ向かわせる必要があります。

 脱原発を望む何割かの国民がこの発言を支持して、支持率の調査があったときに、菅総理の支持を表明して、支持率が80%ぐらいに一気にあがれば、脱原発が現実味を帯びてくることだろう。

 菅さんやめるなというシュプレヒコールをしようではないか。

 代替の電力はその気になれば一気に引き上げる国力は持っている経済大国の日本である。原発推進派がいかに世論を操ろうとしたところで、福島の放射能の被害の実態は隠しおおせるものではなく、未来のために、この軽率菅総理発言を、本気に取り組ませる政策として、菅さんを見直してみたらどうであろうか。


        以下は2011/07/15に追記です

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110715-OYT1T00099.htm

菅総理の脱原発発言の火消しに閣僚たちが奔走しているという記事です。

脱原発は平和憲法の理念のように、あってはならないものとして原発を位置づける理想として提唱するだけでなく現実のものとしていかなくては、戦争でもないのに、戦争以上に平和を乱す魔の存在が原発なのです。今後、脱原発などを公然と提唱する首相など日本に出現しないかも知れない。脱原発方向へと既成事実を作ってすすめていく契機になるように流れがなったほうがいいというのが、私の今朝の思いである。

« 7月7日の東光寺本堂でもコラボ インド音楽 | トップページ | 俳優山本太郎の福島取材特集ニュース番組 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。海外在住です。先日、楽健寺酵母でパンを焼くが届きました。異国ですが、いろいろと試してみたいと思います。
日本は地震と原発の問題で、大揺れしておりますが、これも「その時」がきたのだと思います。
耐えて、生き抜くしかありません。原発から離れる時代となったのです。

数日前から、管総理の献金問題が一部問題になってきています。容易に管総理は北朝鮮となんらかパイプがあるということです。そんな汚れた男が「脱原発」といって信じることができるでしょうか。表ではブルーリボンをつけ、長年、裏で汚いことをやっていた。そして、本日まで知らぬ顔。放射能の問題は生命の危機ですが、この管直人は日本の癌です。とても、「やめないでくれ」とはいえません。またソフトバンクの孫氏も、かなり商魂たくましい。管+孫=なにしたいんでしょうね。その裏、すこし、みなさんにも考えて頂ければと思います。いやなことを書いたかもしれません。しかし、一つの家族、つまり横田さん夫妻は、もう何十年も娘の帰りを待っている、それが自分の生きている時間でもてる希望をもつことすら、辛い現実。それを知っていて、いまさら管さんのこの態度。信用できませんよね。。

コメント有り難うございます。菅総理をふくめ、日本には総理たる品格と実力をもった人物があらわれそうにないですね。今後現れるという幻想すら持てない。
 
菅総理の態度はぬえ的です。菅さんだけでなく自民党のみなさんも他党の政治家も官僚もすべてできないことを知りながら発言だけしている。政党が交替すればきちんと出来るなどと国民は信じてはいないです。
今後の日本がどうなるのか、原発の事故の追い打ちとか、経済破綻になってもっと大きな混乱が起こる可能性のほうが大きいですね。無政府状態になりかねない。

せめて原発事故がふたたび起こらないよう、脱原発の方向へ向かって行く、菅総理の発言を言質としてもっていけたらという、ごまめの歯ぎしりです。

聞きづらいことを書き込んで申し訳なかったです。

いずれにしても、脱原発への船出は始まっています。

わたしが申し上げたかったのは
いままで、自民党時代にも数回、汚職はありました。それは政治家と企業の癒着。
公務員であれば、パチンコ屋と警察は実は仲良しとか。

それと今回の民主党の全体的な左巻き、ほぼ日本赤軍の香りを感じる政権は
政治家と企業ではなく、
繋がってはいけない国と裏の取引の香りがするということです。

悪の度合いが違います。政治家と企業の癒着は、もう世界中、当たり前の世界です。
容認はしたくないですが。

自民党だと国が衰退する
民主党だと国が滅びる

似ているようでまったく違いますよね。

それと国会の答弁をみていると、民主にも自民にも骨のある政治家はちらほらと見受けられます。
政界大編成を望みます。

私は小学校(国民学校といいましたが)4年生のときに国が滅ぶのを体験しました。
3.11の地震や津波などとは比較にならない大きな壊滅的な敗戦でした。
破滅への行為、愚かさは人間の本質です。
破滅してからたちあがる力と知恵を発揮するのも人間の本質です。
どちらも選択できるのに、愚かな道を選んで進むのが人間ですね。
現代病になる人間の生活習慣も、愚かさですが、おろかしいことはいくらでも続けられるというのも人間の本姓ですね。破滅はまた来たらいいというのが、私の思いです。
被害を最大限にするまで、止めないのが人間ではないでしょうか。
破産宣告をうけるまで悪あがきしなくては、方向は変えられないのではないか。
人間不信の強い気持ちになる昨今ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/40806724

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さんの脱原発:

« 7月7日の東光寺本堂でもコラボ インド音楽 | トップページ | 俳優山本太郎の福島取材特集ニュース番組 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル