« 東光寺のコラボレーション画像 | トップページ | 東京楽健法研究会 9月17日 »

2011年9月17日 (土)

MacBook Airを使いはじめる

 私のパソコン歴は1995年にアップルのパフォーマ575という機種からはじまった。HDが350MB、メモリー8MBという構成で、OSは漢字talk7.5だった。
現在のパソコンはHDが350GB、メモリが4GBなどというのが普通になっているので、能力は千倍以上で、人間の移動にたとえれば歩行と飛行機ほどの差がある。
 あれ以来、マックが性能が良くなるにつれて買い換えて使ってきたのだが、マックを使い出して数年後から、Windowsも使うようになりこれも何度か買い換えながら使ってきたので、パソコンの購入はマックと併せて10数台はくだらない。
 Windowsを使いはじめたのは、アーユルヴェーダ学会の事務局を引き受けて、学会誌を編集することになり、会員の原稿がほとんどWindowsで作成されたものだったので、マックで開くと設定した文書形式が崩れた文字化けがあったりするので、両方の機械を使うようになったのであった。
 アーユルヴェーダ学会事務局をやめてからは、Windowsをほとんどメインにして使ってき、ときどきマックを必要なファイルを使いたいときだけ使ってきた。

 今回、メインに使ってきたWindowsがかなり動作が重くなり、リカバリも面倒になって、快適に動きそうなMacBook Airを購入した。軽いので、旅行中に使う予定だが、メイン機種としても十分に使えることはいうまでもない。この機種から、officeは無料のOpen officeをダウンロードして使ってみることにし、Windowsで使っているエクセルの経理簿をこちらで開いてみても、違和感などはなく、快適である。

 この機械にはDVD、CDのデッキが内蔵されていないので、レッツノートにくらべて不便ではあるが、USBのハブなど使っていろいろ試している。リカバリのOSなども付属されていないので、どうするのかまだ調べていないが、機械そのものは気に入った。しかしWindowsでできていたことができないことがでてきたりするが、マックを再度使い始めて、古巣にもどったような気もする。しかしマックもWindowsも操作などほとんど変わらない手順で使えるので、両刀使いには、優劣など論じる必要はさらさらない。パソコンは至便なる愛用の道具である。

« 東光寺のコラボレーション画像 | トップページ | 東京楽健法研究会 9月17日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

流石です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/41762567

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Airを使いはじめる:

« 東光寺のコラボレーション画像 | トップページ | 東京楽健法研究会 9月17日 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル