« はつらつ元気八月号に楽健法が掲載されています | トップページ | 「身・口・意」と言霊と  「どうだん」のエッセイ »

2012年7月 8日 (日)

東光寺だより 2012/07/07発行

 ***** 東光寺だより *****
    2012/07/07 発行

 梅雨がなかなか晴れない感じの気候ですね。奈良も昨夜ま雷雨も激しく東光寺
山の木立もかなり揺すぶられて、今朝は長さ3メートル木口が直径20センチを
超えるような枯れ枝が落ちてきて庫裡の入り口に転がっていました。
こういう枝は葉群れの下の日が当たらないところに伸びている枝で、葉がしげら
なくなって樹液を送る必要がなくなると枯れてしまうのでしょう。
 大雨が降って風が強いときにこういう枝がよく落ちてきています。
 さきほど東光寺山を歩いてみたら、名前のわからないキノコが何種類もにょき
にょきと伸びていました。きっと毒キノコなんだろうなと思って観察しました。

 ●三週間ほどまえに朝日放送のテレビの取材がありましたが、いよいよ7月10
日火曜日に放映されます。以下は番組表から転記。

http://asahi.co.jp/nazeshiko/ 「やまとナゼ?しこ」 のHP

朝日放送(ABC)

Logo

番組表  7月10日 23:17 雨上がりの「やまとナゼ?しこ」

アダムとイヴから続く女と男のギャップを雨上がり決死隊が徹底トーク!今回は
「勝ちたがる男」負けず嫌いで女に張り合う男に女性陣が猛攻撃!男も逆襲し爆
笑トーク炸!

私たち夫婦が登場するのは、12時を過ぎた直後の時間帯だそうです。
こういうバラエティ番組というのにとりあげられて、おゆきさんは苦笑いしてい
ますが、パン作りの場面が沢山?撮影されているはずなので、パン工房での奮闘
ぶりの一端でもご笑覧ください。


 ●はつらつ元気八月号に楽健法が掲載されています

 いま発売されたばかりの「はつらつ元気」八月号
はつらつ元気にとりあげられるのは二回目です。
腰の名医、名治療師50人発表なんてなかに紹介されています。
芸文社のホームページで、目次など読むことができます。

芸文社 はつらつ元気のページ http://geibunsha.co.jp/mag/genki/p/



 ●安益耕平さんの絵画教室が開かれました
 寝屋川市在住の古くからの友人、安益耕平さんが、絵画教室を開いています。
 安益耕平さんは、1975年に大阪の今橋画廊で初の個展をひらき、神戸、大
阪の三越ギャラリーや、最近はニューヨークでも個展を開いてきました。
 教室は寝屋川の自宅アトリエで開かれています。初歩から、学びたい人の技量
に応じて指導が受けられます。詳細はクリックしてパンフレットをごらんくださ
い。
 http://rakkenho.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-dcb1.html 


 ● 7月14日東光寺でアフリカ音楽とインド舞踊と一人芝居予告

マドゥ・プリヤさんのインド舞踊と
ママドゥ ドゥンビアさんをお招きしての音楽と舞踊と演劇の一夜

インド舞踊  マドゥ・プリヤさんの挨拶    
皆様こんにちは。
インド舞踊家のMadhu-Priyaです。
東光寺にて、11回目の奉納舞台を迎えることができるのは、一重に山内先生、
幸子先生の暖かいご厚意と生徒の皆様のご協力のおかげです。
本当にありがとうございます。
精一杯踊りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

今回ご紹介するのは、笛の名手で美しい牛飼いの姿をしたクリシュナ神にささげ
られるninda maya二ーンダマーヤーという演目です。

この曲では、クリシュナ神の性質・特技であるmaya(マーヤー:夢、まぼろし、
幻想、イリュージョン)が中心テーマになっています。

移り気なクリシュナをひたむきに愛する娘は、苦しい胸の内を次のように語りま
す。

「愛の神の矢が私の胸を貫いて以来、私は朝から晩まで恋の炎に焼かれ、すっか
り憔悴してしまいました。それなのに、あなたは私に気づいてもくれません。
クリシュナよ、あなたは前世で、私にこう誓いました。
「私たちの命は、二人で一つ(一心同体)だ」と。
この世になって、そのことを、すべて忘れてしまったのですか? クリシュナ
よ、どうぞ一刻も早く、私を迎えに来てください。この孤独から私を救い出して
ください」

クリシュナのmayaによって、私たちはとらわれ、翻弄され、また救われるので
す。。。

   

  ●一人芝居 「がらんどうは歌う」  山内 宥厳作 出演 演出
    ピアノ 西澤真由美
    舞踊 堀江菜美子(出雲在住)
 堀江菜美子さんは出雲大社から近い鵜鷺という海岸に近い場所で塩を作ったり
しながら、舞踊もしていられます。3月末に出雲と松江で「がらんどうは歌う」
に舞踊で共演していただきました。
 下のような、公演案内のビラを作りました。

日時 2012年7月14日 午後6時15分開演 
会場 東光寺本堂
入場料 2500円 
 ○終演後、道場で食事の接待をさせていただきます。

電話またはメールで申し込み予約してください。
    〒633-0053 奈良県桜井市谷381−1
    電話と電紙 0744-46-2410
    携帯    090-4301-0228

 東光寺だより 2012/07/07発行
==============================
山内 宥厳
磐余山 東光寺 楽健法研究会
〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1
電話と電紙 0744-46-2410
携帯 090-4301-0228
ytokoji@begin.or.jp
http://www2.begin.or.jp/ytokoji/
==============================

« はつらつ元気八月号に楽健法が掲載されています | トップページ | 「身・口・意」と言霊と  「どうだん」のエッセイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/46240557

この記事へのトラックバック一覧です: 東光寺だより 2012/07/07発行:

« はつらつ元気八月号に楽健法が掲載されています | トップページ | 「身・口・意」と言霊と  「どうだん」のエッセイ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル