« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月に作成された記事

2012年7月28日 (土)

amazonで買う「戦争と平和」の岩波文庫本のこと

 ロシア文学というのは、ときどき引き返して読んでみたくなる。引き返してというのは若いときに読んでいても、読んだという事実はあるが、内容はあらかた飛んでしまって、読んだ当時の感銘の記憶ぐらいしか思い出せなかったりするから、今頃またひっぱりだして再読してみたくなるからだ。

 ドストエーフスキーは米川正夫訳の全集を持っていて、もう半世紀も昔に購入したものだが、そろって書棚に並んでほこりをかぶっている。去年はカラマーゾフの兄弟を再読したのだが、この米川正夫訳は持ち歩くには重くて大きいので、新しい翻訳の文庫本を購入して読んだ。

 戦争と平和も、トルストイアンの北御門二郎訳の三部作をもって読んでいるが、やや翻訳に気になるところなどがあるし、本も大きいので、これも文庫本の新訳のものを購入して、再読する気になって、amazonで検索した。

 岩波文庫には、現在米川正夫訳と藤沼章訳の二種類があり、ブックレビューを読んでみて藤沼訳を購入しようと、amazonの古書でそろえることにした。6冊本だが、各巻をばらばらに購入すれば、定価の半額以下で揃えられるわけである。

 購入のリストでは、藤沼訳の古書がずらりとあって、値段もまちまちであるが、古書の文庫本は値段が1円だったりするものも多い。これはamazonが古書の送料を250と決めているので、一円の本は251円で送られてくる。古書店はクロネコメール便だと送料が80円以下だし、ゆうメールでも70円以下の送料で送れるので、送料の差額で稼ぐ仕組みになっている。
 1円本は251円ー送料実費だから、170円は利益があがるわけである。

 さて今回6冊注文したところ、さっそく別々の古本屋から本が届き始めたが、一巻から4巻まで、藤沼訳ではなくて、米川正夫訳の本を送ってきた。

 amazonの購入履歴から、書店にクレームをつけたのはいうまでもないが、即刻、返金手続きをしますという返事で、間違って送った本は、返品しないで処分してくださいということであった。まだ未着の巻が二巻あるが、これも間違ったのがとどくかも知れない。

 戦争と平和の岩波文庫版は米川正夫訳が有名だろうが、amazonの販売リストの藤沼章訳のところに、これをリストアップして、同封の商品の詳細というところに記載した翻訳者と全く違う翻訳者の本を平気で送って来るこのずさんさは、本屋なんかではなくて、たんなる通販業者というものである。

 あきれてものがいえない感じだが、あと2冊間違って送ってくれば米川正夫訳が揃うことになり、これは揃えてしまうのが、本に対する敬意というものではなかろうか。

2012年7月26日 (木)

バリからジョクジャカルタへの旅のスケッチ

1990年にバリからジョクジャカルタへいって、ボロブドール遺跡も参拝。 道中で描いたへたなスケッチが出てきましたので、捨てるにしのびず、アップしてみます。

Pict1_3

ティルタガンガというところの宿の前から眺めた風景。

Pict2_3

ここで、スリンという笛を購入、いまもときおり音色を楽しんで演奏している。

 

Pict3

ジョクジャカルタからボロブドールへ向かう途中の田舎の眺め。

Pict4

ジョクジャカルタで力車を拾って乗り、すぐ前を走っている力車のおじさんを走りながらスケッチ。


千葉県勝浦市の山内綏子さんの活動報告 楽健法少しずつ動き出しました

各地で楽健法の仲間が活動しています。

千葉県勝浦市小羽戸にお住まいの東京楽健法研究会会員の山内綏子さんが、楽健法教室を開催することになったと以下のようなメールがとどきました。
近在で楽健法を勉強したい方は直接、山内綏子さんまでお問い合わせください。

問い合わせ電話番号 0470-70-5077

  *** 楽健法少しずつ動き出しました ***

宥厳先生

今月も水道橋に行けてとても良かったです。
楽健パン作りあげるまでの苦労話、初めてお聞きしました。
紹介していただいた雑誌もタイムリーに役立ってくれました。
月曜日に約束していたペンションに行って、説明するより体験していただきました。そして雑誌を見たいただいたら、すぐに理解していただきました。
9月から始める予定で話し合っていましたが、『こんなにいい事9月まで待てないから八月から月二回部屋を使ってやって下さい』トントン拍子に話が決まってしまいました。五人踏ませていただきましたが、
五人とも参加してくださるそうです。
去年の合宿のライブでの『ジャーン」で背中をポンと押して、その上前にあった見えない壁まで取り除いていただいたみたいです。
平成五年に東城百合子先生の所で出合った楽健法ですが20年越しでやっと動き出しました。つまずきそうになると、すぐに次のいい出会いに恵まれて、
軌道修正できます。有難い気持ちでいっぱいです。
ペンションのご主人の半身不随も根気良く踏ませていただいて、少しでも改善されるのを楽しみに続けます。
『ペンションおやこばと』と言いますが、ホームページにのせてくださいました。お時間がありましたら開けて見てくださいませ。
体験した方々みんな喜んでいただきました。
楽健法やってて良かったなーと思って居ります。
それから左膝随分曲がるようになりました。五月にパンパンに浮腫んでいたのも、ほとんど取れました。有難うございました。
長くなりましたが、近況報告でした。

山内 綏子

2012年7月18日 (水)

シアトルの光岡さんから

 返信 7月14日の東光寺での催しは観客が40数名、好評でした。youtubeでアップしていますので、ごらんください。
http://blog.goo.ne.jp/rakkennine  
楽健寺の天然酵母パンもそちらで醗酵しつづけて、多くのひとに楽しまれながらひろがっていくことでしょう。

 

Dsc_0024

宥厳先生

アラスカへのクルーズに行って、帰ってきました。
ピアノもコンピュータも運転もしない1週間、1キロ太りましたが、2400人もの人間を1週間食べさせ楽しませるシステムに驚嘆して帰ってきました。
船で働いているクルーは900人、20カ国から。つくづく、英語は便利だな、と思いました。クロアチア人、セルビア人、マセドニア人でもインドネシア人でも
ブルガリア人(船のジムでのパーソナルトレーナーでした。一緒に写っている写真見てください)でも、話せてしまいますから。
氷河の写真もご覧ください。

心配だったのは酵母ちゃん。「待ってたのね」と声をかけ、ヤマイモ多めで仕込んだら元気に膨らみました。写真を見てください。
また、焼き上がりのパンと私の後ろにあるのは、息子が大枚はたいて買ったイタリア製のグラインダーとエスプレッソマシンです。

14日はいかがでしたか?
ブログやFBを楽しみにしています。

光岡いずみ

Dsc_0036

Dscf5449

Dscf1989_2

Dscf1992

「身・口・意」と言霊と  「どうだん」のエッセイ

 庫裡の出入り口の前の垣根が梅雨の雨で倒壊したので、杭を5本買ってきて、猛暑のなかで半時間ばかり杭打ちをしたら、汗でずぶ濡れになったので、ツイートに、

「東光寺山から下山するといきなりきつい日差しで、坊主頭にはダイレクトにきりもみの熱気でした。折れた杭を五本、打ち直して垣根を修復、たちまち大汗でシャワーにナップでいま目覚めたところです。         」

などと書いたが、目覚めて、手元の短歌誌「どうだん」を拾い読みしていたら、面識はないが、上畑ナオミさんという同人のエッセイに惹かれたので、ぶしつけながら電話をして、このブログに掲載してもいいという、了解をいただいた。

    (どうだん 76巻2・3月号)掲載の上畑ナオミさんのエッセイ

   「身・口・意」と言霊と
                      上畑ナオミ  

一、言葉遊びと記憶  

みじかびのきゃぷりきとればすぎちょびれすぎかきすらのはっぱふみふみ

 憶えておられるだろうか、今は昔㏄年代のパイロット万年筆のCMで大橋巨泉がC調言葉でのたもうた言葉である。奇しくも57577の31音であり、C調だが押韻もあって単なる言葉遊びと切り捨てられない面白さがある。人恋しい秋に、恋文でも書いてるんだろうか。ついつい時を忘れて多くを書き連ねてしまってる自分に照れ笑いしてるような風情が伺える。
 さてC調で思い出したのはサザンオールスターズ。桑田佳祐の歌詞もすごいことになってた。たとえぱ「愛の言霊」はこんな風だ。

 生まれく叙情詩(セリフ)とは蒼き星の挿話 夏の旋律(しらべ)とは愛の言霊(ことだま) 宴はヤーレンソーラン 呑めど What Cha Cha 閻魔堂は 闇や 宵や宵や 新盆には丸い丸い月も酔っちゃって 由比ケ浜 鍵や たまや

 こうして曲は更に続くのだが、サ行で変化していく言葉から連想が広がっていく。セリフ、ソウワ、シラべ、コトダマ、ウタゲ、ヤーレンソーラン、ワチャチャ、エンマドウ、ヤミヤ、ヨイヤ、更に連想は飛んで、カギヤ、タマヤ、と夏の花火の風景に移り変わって行く。桑田佳祐の曲づくりは、曲を優先して歌詞をあとで当てはめてつくるという方法が大半で、語呂の良さが重なってハチャメチャに一つの意味をかたちづくっていくのは面白い。後半はこんな風になっている。

 遥か以前から光輝く星を見つめる時、涙ぐんでしまう 人間の存在、肉体、それらや、宇宙からの言霊を記憶するのだ 生まれく叙情詩(セリフ)とは蒼き星の挿話 夏の旋律(しらべ)とは愛の言霊ごとだま)禮(らい)!

 これで終わりではないがまだまだ続くので割愛したい。言葉に連れられて星の世界と夏の世界が呼応する。そこで実際に体験した記憶が呼び戻されたり、根源への思索へと意識は変遷していく。宇宙を祖とする原生類から人類への進化、その長い旅の間にDNAに記億されてきたものどもがこの肉体に記憶されている。韻を踏みリズムに乗ることでそれらの記憶が呼び覚まされるかのようだ。桑田の歌を聴いていると韻やリズムにはそんな機能があるように思える。

二、身体と言葉と意識
最近、空海の「声字実相義」を読む機会があり、いままで馴染みのなかった密教用語に「三密」という言葉があるのを知った。如来も衆生も平等にもっている身(身体)口(言葉)意(意識)の三種の行為形態のことをいうらしい。この「身・ロ・意」は「しんくい」と読み密教に詳しい人は常に意識しているという。身体と意識、意識と言葉、言葉と身体は、同じ力で引きあっている三位一休で、三つ巴となって高速に回転し、言葉が韻を踏んで別の言葉を召還し、リズムに乗ってくると身体と意識が活性する感覚がもたらされる。韻を意識して言葉を並べていくと、連想によって先に飛ぶ方向と、後方へ語源を遡る方向に言葉が動きだすことがわかる。たとえば「キヌサヤ」という言葉ひとつとっても両方向に言葉を検索したいという意識が動く。「キヌサヤ」は絹の鞘と書く。接頭語「さ」(=若々しい)がつくのは、絹のように繊細な「矢」のような形態から連想されたのでは、などとも思える。「さや」は「さやさや」という擬音語にもつながる、そして「さやか」(=澄んだ)にも近い。
 このようにひとつの言葉の語感を発展させたり、類義語や同義語、語源などに連想の糸を広げて行くと、組合せによって無限大に文脈は広がる可能桂を持っている。このような双方向の指向をもって意識が多面的に動き、身体的な記憶を蘇らせていくと、遊びながら言葉の差異に鋭敏になっていく。この時「身・ロ・意」は密接な関係を持っていると自覚できるのではないか。

三、新しい自我への希求
人は、生まれてこのかた刷り込まれて来た言葉とその背景を動かして言葉を操っている。しかしその背景が信じられなくなる瞬間に私たちは遭遇することもある。
 昨年の東北大震災もその契機になった。
 更に上の世代には戦中体験と終戦による打撃も大きかっただろう。

①みずかぎろひしづかに立てば依らむもの
       この世にひとつなしと知るべし    葛原 妙子

戦後すぐに歌われた歌だと聞く。空海の影響下にいる今の私が密教的に読んでみると、こんな解釈になった。

 水がゆらゆらと陽炎のような幻を見せたあと静かに一人立錘してみると、過去の業(先祖からの血や財産などでもいい)によって授けられた心身や、その心身の拠りどころとなる世間さえも自身が立つ拠りどころにはならない。このことを身をもって自覚すべきである。

 以上のように読める。決意の歌である。自分自身を育んできたものさえも疑いながら生きたい。そのための道具として歌の言葉を選んだのが葛原であった。
 彼女は、後年こんな風に詠んでいる。

②他界より眺めてあらばしづかなる
       的となるべきゆふぐれの水  

ここでもまた「しづか」という言葉が出てくるのは偶然だろうか。タ暮れにいる存在としての自分をもう一つの目で眺めていると自分の目前にある水溜りは「しづかな的」となるだろう、といっている。
 私には本当の意味はつかみかねるが、しーんと宇宙の点のような自分を身体的に意識した時、目の前にある水と自分の存在が同化し、それを葛原は「しづかな的」と名付けずにはいられなかったのではないか。「しづか」に立っている身体の自覚と「的」と名付けるものは相呼応しているようだ。身体と意識と言葉はこうして分け難く連動しつつ言葉として発せられる時、他の言葉を呼び出していく。

 葛原は、①の歌で終戦によって自我をいったん捨て、ゼロ地点から歌を詠むことで新しい自我を形成していくことを決意した。
 ②の歌ではもう一つの視占から自分を見ること(=メタ認知)で新しい自我を発見し、それを「しづかな的」と名付けたのではないか。今回の論考は断片的感想に終始していることが後ろめたいが、作歌手法を広げたい思いからこんな風になった。万葉集や新古今「の歌もおもしろい。写実に徹して象徴的に内面を表す手法がある。前衛短歌も、今の若い人たちの歌にも興味がある。そして言葉とは連綿と続いて来た歴史の手垢にまみれている場合も多い一方で、言霊がそこには潜み、新しく掘り返していく手だては尽くしてみる必要がある。身・ロ・意の三つ巴の回転によって、言霊は動くような気がする。空海を読んでいて、言霊を感じるために身・ロ・意を磨いてみる必要がある。

2012年7月 8日 (日)

東光寺だより 2012/07/07発行

 ***** 東光寺だより *****
    2012/07/07 発行

 梅雨がなかなか晴れない感じの気候ですね。奈良も昨夜ま雷雨も激しく東光寺
山の木立もかなり揺すぶられて、今朝は長さ3メートル木口が直径20センチを
超えるような枯れ枝が落ちてきて庫裡の入り口に転がっていました。
こういう枝は葉群れの下の日が当たらないところに伸びている枝で、葉がしげら
なくなって樹液を送る必要がなくなると枯れてしまうのでしょう。
 大雨が降って風が強いときにこういう枝がよく落ちてきています。
 さきほど東光寺山を歩いてみたら、名前のわからないキノコが何種類もにょき
にょきと伸びていました。きっと毒キノコなんだろうなと思って観察しました。

 ●三週間ほどまえに朝日放送のテレビの取材がありましたが、いよいよ7月10
日火曜日に放映されます。以下は番組表から転記。

http://asahi.co.jp/nazeshiko/ 「やまとナゼ?しこ」 のHP

朝日放送(ABC)

Logo

番組表  7月10日 23:17 雨上がりの「やまとナゼ?しこ」

アダムとイヴから続く女と男のギャップを雨上がり決死隊が徹底トーク!今回は
「勝ちたがる男」負けず嫌いで女に張り合う男に女性陣が猛攻撃!男も逆襲し爆
笑トーク炸!

私たち夫婦が登場するのは、12時を過ぎた直後の時間帯だそうです。
こういうバラエティ番組というのにとりあげられて、おゆきさんは苦笑いしてい
ますが、パン作りの場面が沢山?撮影されているはずなので、パン工房での奮闘
ぶりの一端でもご笑覧ください。


 ●はつらつ元気八月号に楽健法が掲載されています

 いま発売されたばかりの「はつらつ元気」八月号
はつらつ元気にとりあげられるのは二回目です。
腰の名医、名治療師50人発表なんてなかに紹介されています。
芸文社のホームページで、目次など読むことができます。

芸文社 はつらつ元気のページ http://geibunsha.co.jp/mag/genki/p/



 ●安益耕平さんの絵画教室が開かれました
 寝屋川市在住の古くからの友人、安益耕平さんが、絵画教室を開いています。
 安益耕平さんは、1975年に大阪の今橋画廊で初の個展をひらき、神戸、大
阪の三越ギャラリーや、最近はニューヨークでも個展を開いてきました。
 教室は寝屋川の自宅アトリエで開かれています。初歩から、学びたい人の技量
に応じて指導が受けられます。詳細はクリックしてパンフレットをごらんくださ
い。
 http://rakkenho.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-dcb1.html 


 ● 7月14日東光寺でアフリカ音楽とインド舞踊と一人芝居予告

マドゥ・プリヤさんのインド舞踊と
ママドゥ ドゥンビアさんをお招きしての音楽と舞踊と演劇の一夜

インド舞踊  マドゥ・プリヤさんの挨拶    
皆様こんにちは。
インド舞踊家のMadhu-Priyaです。
東光寺にて、11回目の奉納舞台を迎えることができるのは、一重に山内先生、
幸子先生の暖かいご厚意と生徒の皆様のご協力のおかげです。
本当にありがとうございます。
精一杯踊りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

今回ご紹介するのは、笛の名手で美しい牛飼いの姿をしたクリシュナ神にささげ
られるninda maya二ーンダマーヤーという演目です。

この曲では、クリシュナ神の性質・特技であるmaya(マーヤー:夢、まぼろし、
幻想、イリュージョン)が中心テーマになっています。

移り気なクリシュナをひたむきに愛する娘は、苦しい胸の内を次のように語りま
す。

「愛の神の矢が私の胸を貫いて以来、私は朝から晩まで恋の炎に焼かれ、すっか
り憔悴してしまいました。それなのに、あなたは私に気づいてもくれません。
クリシュナよ、あなたは前世で、私にこう誓いました。
「私たちの命は、二人で一つ(一心同体)だ」と。
この世になって、そのことを、すべて忘れてしまったのですか? クリシュナ
よ、どうぞ一刻も早く、私を迎えに来てください。この孤独から私を救い出して
ください」

クリシュナのmayaによって、私たちはとらわれ、翻弄され、また救われるので
す。。。

   

  ●一人芝居 「がらんどうは歌う」  山内 宥厳作 出演 演出
    ピアノ 西澤真由美
    舞踊 堀江菜美子(出雲在住)
 堀江菜美子さんは出雲大社から近い鵜鷺という海岸に近い場所で塩を作ったり
しながら、舞踊もしていられます。3月末に出雲と松江で「がらんどうは歌う」
に舞踊で共演していただきました。
 下のような、公演案内のビラを作りました。

日時 2012年7月14日 午後6時15分開演 
会場 東光寺本堂
入場料 2500円 
 ○終演後、道場で食事の接待をさせていただきます。

電話またはメールで申し込み予約してください。
    〒633-0053 奈良県桜井市谷381−1
    電話と電紙 0744-46-2410
    携帯    090-4301-0228

 東光寺だより 2012/07/07発行
==============================
山内 宥厳
磐余山 東光寺 楽健法研究会
〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1
電話と電紙 0744-46-2410
携帯 090-4301-0228
ytokoji@begin.or.jp
http://www2.begin.or.jp/ytokoji/
==============================

2012年7月 6日 (金)

はつらつ元気八月号に楽健法が掲載されています

 いま発売されたばかりの「はつらつ元気」八月号

はつらつ元気にとりあげられるのは二回目です。腰の名医、名治療師50人発表なんてなかに紹介されています。芸文社のページで、目次など読むことができます。

  芸文社 はつらつ元気のページ

Hatsuratsu


安益耕平さんの絵画教室が開かれました

 寝屋川市在住の古くからの友人、安益耕平さんが、絵画教室を開いています。
 安益耕平さんは、1975年に大阪の今橋画廊で初の個展をひらき、神戸、大阪の三越ギャラリーや、最近はニューヨークでも個展を開いてきました。

 教室は寝屋川の自宅アトリエで開かれています。初歩から、学びたい人の技量に応じて指導が受けられます。詳細はパンフレットをクリックしてごらんください。


Ayalesson1

Cci00001


« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル