« NHK文化センター豊橋教室講演会 10月24日火曜日 | トップページ | 加賀温泉の獅子舞 »

2012年8月27日 (月)

ネパール秋田嘉弘さんからのメールです

和尚さんへ

ご帰国後四日が経ち落ち着かれましたでしょうか。ぼくたちは何か気が抜けたような気分でいます。和尚さんがおみえのあいだいかに充実感のある時間を過ごしていたのかを知りました。遠いところをお起こしいただきほんとうにありがとうございました。

昨日はパサンとラチミで酵母パンの実習をしていました。2種類作りました。オーブンが小さいので弱めの火にすると中ができたとき皮が硬くならないことを発見したり、リンゴやご飯をふやしたりして楽しんでいます。このパンなら体の肉になると感じます。週に2回くらい作ると2人には丁度良さそうです。寅吉の方は人数が多いので沢山になります。

和尚さんの足のことですが似た患者さんをこれまでに何人か診ております。足裏の深い硬いコリをゆっくり時間をかけてほぐしてください。その後屈伸運動をすれば再発しません。幸子さんの背骨の歪みは軽いものです。背骨を立てることを邪魔するコリが腰周辺にあります。それをほぐせば背を伸ばす動作が楽になります。まだ固まっていませんしお若いお体ですからほぐすために時間はかからないと思います。上半身の左右の歪みもひとり操体の基本を励行すれば戻ります。現在の状態を放置しておくと背骨が曲がった状態で固まってしまいます。すると疲れやすくなり早く体力を失くします。骨格を矯正したらまた歪めないために、腰筋と背筋を鍛える必要があります。この弱っている筋肉をキネシ オテープデで補強すると早く筋力が養えます。スポーツ選手は弱い筋肉の補強と、早く筋力を養うためにキネシオテープデ使っています。

被爆病についてお聞きください。
1945年アメリカのハンフォードで原爆が破裂しその後広島長崎と続き、これまでに2000回を超える核実験が行われてきました。大規模なものは広島原爆の3000倍もあります。アメリカの被爆者は「日本は2回だけだが私たちは300回だ」と話しています。ネット界という百科事典があるのに、大手の報道のみ信用し自分で情報を集めて考えようとしないアメリカの大衆は、自国内に無数の被爆者がいることを知りません。世界の代表的な汚染地域は南太平洋、アルジェリア、北極圏、そしてヨーロッパ全域と北アメリカです。しかし今は日本が一番悪くなりました。

我々人類が経験していることは、被曝病が発症したら治ったひとがいない。そのためこれまでに6500万人が死亡し2億人が現在発症している、そしてこの2億という数がますます増え続けていることです。事故後26年を経たウクライナでも被爆病の発症は今も増え続け人口が激減しています。

日本では松戸に暮らし医療活動をしている方{寅吉が属するグループの先輩}の親戚はすでに2人亡くなりひとりは甲状腺がんの手術を受けたといいます。またその方の家族全員がなんらかの症状を呈し始めたようです。首都圏で被曝病が発症しだしたのです。国策で放射性物質を全国に拡散し、そこで焼却することによって全土を汚染させ、学校では強制的に給食により放射性物質を子供たちに食べさせている現状では、被爆病の発症を抑えることはできません。海に閉ざされた日本で被爆病患者が増え続けると近未来の日本はどんな様相を呈するでしょう。

福島に暮らす和尚さんのお弟子さんの周りにもすでに発症した方がおられると存じます。楽健パン、楽健法等により治療効果が現れましたらリポートをお願いいたします。『被爆を重ねる環境でも発症しない、発症しても完治する療法』が確立できないと人類の未来はないと感じています。被爆療法を確立することは医療従事者として最大の課題だと感じています。

マヤ暦によると銀河宇宙は26000年で一回転するそうです。我々が属する太陽系宇宙はそ銀河の中心あたりのその端の方に位置し、13000年前には銀河宇宙の中心にある宇宙太陽に最も接近していたといいます。その後太陽系宇宙はその宇宙太陽から闇に向かいだしたといいます。それが現在最後の段階に入り、いよいよ真っ暗闇の時間を脱して明るい時間に移るそうです。これから13000年間はあらゆるものが明るさを増してゆくのです。{この日を2012年12月12日だとする説や2011年3月9日だとする説があります。}この明るい話を信じて希望を持ちこれから行動して参ります。今後ともよきご指導をお願いいたします。新しい事業が起動に乗ったら久しぶりに帰国したいです。

難儀しておりました指の変形ですが、和尚さんからいただいた小さな金属玉を硬いコリの上に張っておくとゆっくり硬いコリがほぐれだしました。千年灸、テープ、マッサージなど試してきましたがこの金属玉が一番効果が高いです。和尚さんも足の裏の深いコリの上に張ってお試しください。

酵母パンを毎日食べることになりました。酵母パンを食べて、これまで食べていたパンは栄養になっていないことを知りました。味はまだまだ楽健パンには及びませんがすこしずつ美味しいものができるようになるでしょう。ありがとうございました。大阪はまだ残暑が厳しいと思います。お体をご慈愛ください。

ではこの辺で
秋田嘉弘より

« NHK文化センター豊橋教室講演会 10月24日火曜日 | トップページ | 加賀温泉の獅子舞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/46843565

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール秋田嘉弘さんからのメールです:

« NHK文化センター豊橋教室講演会 10月24日火曜日 | トップページ | 加賀温泉の獅子舞 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル