« 明日からパン工房起動します | トップページ | 9月4日〜7日 楽健法講習会 米子、宍道、松江のお知らせ »

2013年1月 6日 (日)

オノト万年筆の話

FaceBookに書き込みしたものです。

75039_448235641922984_183557256_n

丸善で購入した限定版の1996年当時、3万円以上した高級手作り万年筆です。
ペン先に弾力があり書きやすい。



山内宥厳レポート
kindleの無料本に漱石の(余と万年筆)というエッセイがあったので読んでみました。漱石の愛用した万年筆の復刻万年筆というのを昔丸善で購入し、いまも使っているので読んでみたのですが、終わりごろにオノト万年筆という名前が出てくるので検索してわかったのはぼくが丸善で買ったのは以下の最後に書かれているオノト万年筆の復刻万年筆だったということで、びっくりしました。1996年のことだったのですね。


検索結果の記事 樂天のショップに記載があった。

1906年にイギリスのトーマス・デ・ラ・ルー社がオノト万年筆を発売しました。 ("onoto"というブランド名は世界のどの国でも同じように発音できるよう考案された造語)
日本では丸善がデ・ラ・ルー社の日本代理店としてオノトの輸入販売を開始し、多くの作家が愛用(夏目漱石、菊池寛など)。
後に、売り上げ低迷によりオーストラリアに製造ライセンスを譲渡し、コアラ・ブランドとして発売されるも不評のまま消えていきました。
1996年には川窪万年筆製作所からオリジナルに忠実なオノト万年筆が復刻販売されました。

« 明日からパン工房起動します | トップページ | 9月4日〜7日 楽健法講習会 米子、宍道、松江のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/48624511

この記事へのトラックバック一覧です: オノト万年筆の話:

« 明日からパン工房起動します | トップページ | 9月4日〜7日 楽健法講習会 米子、宍道、松江のお知らせ »

最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル