« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年2月に作成された記事

2013年2月21日 (木)

詩集 水の感触 岩堀 純子

            詩集 水の感触 岩堀純子 

 編集工房ノア 2013年2月1日発行 定価:本体2000円+税

 

Iwahorihyoushi

販売書店 MARUZEN&JUNKUDO          ライブドア    amazonはまだ

アマゾンで間もなく購入できるようになるでしょうが、まだアップできていないようです。


 友人の岩堀 純子さんの処女詩集「水の感触」が編集工房ノアから出版さました。

 この詩集は昨年の夏頃から秋にかけて、故郷の津和野に引きこもって書き下ろした、とあとがきに書かれていますが、揺れ動く感性の陰翳のなかで、執拗にたどっていった思索のあとが読み取れて痛々しくもあり、くぐり抜けて生きようとする詩人の強靱さも同時に共感をもって読みとれます。詩を書き始めたばかりとは思えない、琢磨されたことば遣いにも、日頃の思索のありようが感じられます。

 ここに二篇をとりあげて紹介してみますが、何かを求めずにはいられない人間の、得られない故の孤独とでもいえるのでしょうか、「二十歳」から「老婆の背中」に至る孤独感は、時を経てきて揺れ定まったのか、あるいは孤はより深まっているのだろ

 後半に三篇の両親と姉の死を看取った経験が書かれていますが、この冷徹な目、感情を抑えた描写には胸打たれるものがあり、肉親の死と引き替えに一人の詩人が誕生したのだと思われました。



二十歳

二十歳のとき
わたしは眠りつづけていた
水の底のように閉じられた
部屋のなかで
夜と昼のとぎれない境い目を
ただ 眠りつづけた
世界は動いていたが
読み捨てられた新聞の記事のように
ぼんやりたわんで視界から遠ざかり
地平の向こうに堕ちていた
わたしはこの世界にひとりだけだった
世界の秩序や慣性は
そ知らぬ顔で通り過ぎていた
ひっそり取り残された部屋の隅で
わたしは孤独に追い求めた
自分の姿を
自分を保つものを
わたしは寂しく自問する
わたしがまだ人であるかどうか
わたしの躰にまだぬくもりがあるかどうか
心臓はうすい胸のなかで
他人のもののように動いていた
皮膚のうらに透けて見える青い血は
架空の熱情の記憶を沈めたまま
すでに壊死しかかっていた
わたしは眠りの膜のむこうで
死んだ者の眼で
自分の生の影が床のうえに
よわよわしく伸びているのを見ていた
人生でいちばん美しい
二十歳のとき
砂のように降りつもる
孤独な敗北感と無力感に
埋もれて
わたしは眠っていた



老婆の背中 ビンの蓋が開かないからといって わたしは人を呼ばない 荷物が重いからといって わたしは人を呼ばない 足を捻挫して立てないからといって わたしは人を呼ばない ひとりの老婆を思うからだ 老婆は冷えた暗い台所で 食器を洗い 野菜を茹でる かたい粘土の畑に 花や野菜を植え ただ 黙し ひとりで暮らしている 呼んでも 来る人はない わたしは助けを求め 声をあげたくなると 孤高の老婆の丸い背中を思う 夜更けに群れ騒ぐ闇に怯えるときも ひとりの老婆がそこにいる 胸に斧を握りしめて
 

青春を輝かしいものとして語るひとは多いが、青春というものは悲惨の一語に尽きるという人生もまたある。ものを思う側の人間に生まれた人の宿命であるかも知れないが、詩を書くというカルマを背負ったこの詩人は、朗々たる青空のもとに必ずしも生きてこなかったことはたしかだ。懊悩や逡巡があって、求めるものが見えてきたのか。この詩人はその後もブログに精力的に詩を発表されている。一読の価値ある詩集をお勧めする。

ブログ・熱帯の朝と歌と

 あとがきをアップしておく。

Photo


詩集の評 瀬崎祐の本棚 詩人瀬崎祐さんのブログに取り上げられています。


2013年2月 2日 (土)

9月4日〜7日 楽健法講習会 米子、宍道、松江のお知らせ

Th_img_1089

東光寺楽健法道場の曼荼羅の胎蔵界大日如来

Th_img_0139

楽健法は踏み合ってからだの循環をよくする健康法です


 山内宥厳です。
9月4日から米子に入って、宍道、松江と講習会を開催します。
米子,宍道、松江の日程などお知らせします。


      二人ヨーガ・楽健法 米子講習会のご案内

二人ヨーガ楽健法米子講習会のご案内

楽健法とは二人一組になって相手のからだを足で踏んでほぐしていくものです。
固くなっている筋肉をほぐし、血液やリンパの詰まりを取り除き流れを良くして、体にたまった老廃物が排出され代謝が促されます。体がスッキリ軽くなり踏んだほうも元気になります。また、相手とコミュニケーションを取りながら行うため、思いやりや気づかいの心が生まれます。日頃の疲れを楽健法で解消しましょう。

講  師:山内宥厳先生 楽健法研究会本部 奈良県桜井市谷 東光寺住職

日  時:平成25年9月4日 交流会食事会  
       午後5時~8時 皆生温泉 弓ヶ浜荘 2F梅の間
      山内宥厳先生を囲んで歓談、歓迎の演芸など楽しいひとときを予定。

楽健法講習会

      平成25年9月5日(木)  10:00~12:00(講義)
                      12:00~12:30(昼食)
                      12;30~16:00(実技講習) 
                      16:00~17:00(懇親会)

会  場:米子市文化ホール 和室1.2 米子市末広町58-6 0859-35-4171

    参加費は下記の通りにさせていただきます。
    バスタオル1枚、動きやすいズボン、長袖Tシャツでご参加下さい。

{申込先}
   西山美千子 090-9464-1149  0859-34-1684(TEL/FAX)
       

   お申し込みは西山まで、お電話ください。

二人ヨーガ楽健法参加申し込み書  (締め切り 7月31日)

住所                                             

氏名                    TEL                   

   参加希望のいずれかに○印をお付けください。

        午前のみ参加   4000円  ・午後のみ参加  7000円
        全日参加     10000円  ・懇親会参加    500円                      (昼食は参加費に含む。)
         ( 定員:   午前 40名   ・  午後 30名  )

          *定員になりましたら締め切らせていただきます。
          *いただいた個人情報は楽健法以外では使用致しません。


   宍道 楽健法講習会 松江市宍道公民館 
       松江市宍道町佐々布204-4   電話 0852-66-0811    

9月6日(金) 

・13:00~受付         
・13:30~16:00 講演   
・16:30~17:30 懇親会 
・18:00~20:30 実技指導
・講演のみ参加 4000円
・実技のみ参加 7000円  
・全日参加 10000円 
・懇親会費 当日会場で支払い 金額未定

定員;講演のみ参加 30名 ・実技指導 25名 

☆定員になり次第、締め切らせて頂きます

        申込、お問い合わせは岸本節子まで、

        電話でお問い合わせください。

・持ち物 バスタオル1枚

      動きやすいズボン 長袖のTシャツでご参加ください。

・お問い合わせ:申込先 岸本節子まで
          電話 090-8608-9316 電話と電紙 0852-86-3531


松江市 茶山楽健法教室

9月7日(土)  

09:00〜12:00 (講演・質疑応答)
12:00〜12:30(昼食)
13:00〜16:00(楽健法実技)

だれでも参加できます。
会場の都合で参加人数が限られます。
参加ご希望のかた 詳細については 直接電話でお問い合わせください。

  申込先・周藤久美枝 電話 0852-21-0243  携帯 090-2868-1718


 以上、米子、松江、での講習会をご案内いたします。   

« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル