無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル

« 奈良ヨーガリトリートin西大寺 楽健法とヨーガの二日間 | トップページ | 集団的自衛権は自衛のために先制攻撃をするのか? »

2015年3月24日 (火)

第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺

     第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺  開催に寄せて

 真言律宗の寺・不空院では、2012年暮れより庫裏を利用してのヨーガ教室を開催してお ります。はるばる春日山の麓まで通う方が在るだろうか?との不安を他所に、年配者か ら妊婦さんまで幅広い層の生徒さんが集っておられます。
 現在では健康法の一つとして広まっているヨーガですが、本来は身体の修練により精神 の統一を目的とするものです。これは仏教の瞑想にも通じるところ。ヨーガと云う呼び 名自体、「瑜伽(ゆが)」つまり密教で行者の身・口・意の動きが仏と合致することを示 す言葉から来ております通り、空海上人が日本に伝えられた密教とは源流を同じくする もので、真言宗とは浅からぬ縁を持ちます。
 お寺でのヨーガは突飛なようでいて、実は 自然な本来の姿であると考えます。 指導にあたられる高橋トーマス先生も、単に身体的健全を得るのみではない精神的充実 に重きをおかれヨーガを納めて来たなかで、お寺で開催する教室に大きな意義を感じて おられます。事実、山門をくぐり御仏への礼を持ってヨーガを学ぶ方々のお顔には、穏 やかな充足の色を見て取れる此の頃です。
 その意義を持って、もっと多くの方々にこの充足を知って頂くべく、高橋トーマス先生 を中心に「奈良ヨーガリトリート」と銘打ちました催しを企画いたしました。
 本年は第 2回目となります。
 当方では手狭なため、当宗派の総本山である西大寺に会場を願い、 昨年は盛況となりました。高橋トーマス先生が師と仰がれお招きした友永先生のお力も 然る事ながら、西大寺の持つ情調が参加者に好評を得ました。
 本年は、東光寺・山内宥厳住職にも講師として御参加いただきます。
 師の提唱される生 き方は、ヨーガを通して仏教を通して活き活きと過ごし老いる教え。まさに現代社会が 今必要とするものと考えます。
 (山内住職には、6月より開講予定の不空院文化講座で 「山内宥厳の思想と楽健法」について連続の講座を担当していただきます。)
 ひとりでも多くの方々にお寺に足を運んでいただき、互いに密教の流れを汲む真言とヨ ーガの智慧に触れ、日々の暮らしがより一層豊かになりますことを願っております。  合掌      
             真言律宗・不空院住職 三谷弘範
  =========================
 昨年の「第1回奈良ヨーガリトリート」では、80人の募集に、100名以上のお申し 込みがあり、おかげさまで、友永淳子先生と西大寺の静謐な空間で、ともに瞑想する 「至福のひととき」を、多くの方々と共有することができました。
 「第2回 奈良ヨーガリトリート」を開催するにあたり、本年は、友永先生に加え、奈良 東光寺ご住職、山内宥厳先生をお招きし、この混迷する生きにくい現代を、確かな足取 りで、しなやかに豊かに生きておられるお二人の教えに触れる2日間を企画致しました。
 ヨーガは本来、身ひとつあればどこでも行じられるものですが、仏に祈り、真言を唱え、 掃き清められた歴史を重ねる寺院でおこなうヨーガは、格別です。
 身も心も魂も、隅々 まで浄められる清々しさがあり、現代の日本でヨーガを行ううえで、最高の場であると 感じます。
  昨年の参加者からは「静かに坐っていると、本堂の鐘の揺らす風と、木々のざわめき、 ホトトギスの声が聴こえてきて、心が洗われるようだった」「最後は真言が唱えられな いほど、静かに深い瞑想に入っていました」「気さくなご住職のお話とヨーガとマント ラ、奈良の言い知れぬ底力を感じ、予想を超えた贅沢な時間だった」などの感想をいた だきました。
 また、昨年の参加者から「友永先生のお話をもっと聞きたい」との声が多数寄せられま したので、本年は質疑応答の時間と日々の暮らしの中での「瞑想の必要性」について、 先生のお話をうかがう貴重な機会を加えました。
 そして、真言宗の僧侶である山内宥厳 先生からは、医者に頼らずに生をまっとうする生き方、家族から病人を出さずに 互い仲良く、生き生きと暮らすための「二人ヨーガ楽健法」を伝授していただきます。
 ヨーガの経験者も、まったくの初心者も、簡単に実践でき、大変効果の高い行法です。 「奈良ヨーガリトリート」では、ヨーガや楽健法の智慧を通して、神々の息づくこの 奈良の地で、いづれ地域の人々が、再び、お寺や神社、公民館に当たり前のように集い、 豊かな繋がりを取り戻す未来を想い描いています。
 最後になりましたが、「奈良ヨーガリトリート」の母体として場を提供してくださり、 惜しみない協力をしてくださっている不空院の三谷弘載ご住職、奥様の三谷智蓮尼の ご好意に厚く感謝いたします。お二人のおかげで真言律宗総本山、西大寺にご縁をいた だきました。昨年に続き、ヨーガ修行のために快くお寺を使わせて下さる西大寺の皆さ まがたにも、心からお礼を申し上げます。
        奈良ヨーガリトリート 実行委員会代表 高橋トーマス流美
 楽健法教室の受講生のかた、友永ヨーガの受講生の方は先生のご紹介による参加の場合は参加費の割引をいたしますので、お申し出ください。
5月2日(土)山内宥厳先生
「楽健法」の世界観~病気がくれるもの

9:00 楽健法実技
12:15 本堂拝観(不空院御住職先達による般若心境)
12:45 大茶盛
13:30 昼食(楽健寺パン弁当)
14:30 お話「『楽健法』の世界観」 (~16:00)


5月3日(日) 友永淳子先生

 ぶれない生き方を身につける

9:00 アーサナ
11:15 本堂拝観
11:45 昼食(精進弁当)
12:45 大茶盛 or 瞑想に備えて自由休憩
13:30 お話「瞑想の必要性」
14:30 プラーナヤーマ(調気法)・マントラ・坐禅瞑想(~16:00)
[募集人数] 各日100 名
[料金] 各日15000 円 2日通し券25000 円

[お申し込み方法]
narayogaretreat@gmail.com
まで下記の項目を明記の上、メールをお送りください。
①お名前 ②メールアドレス ③携帯番号 ④希望日(3日は大茶盛の出欠も)
[お問合せ 申込は]

奈良ヨーガリトリート実行委員会
mail narayogaretreat@gmail.com
tel 0742-26-2910 / fax 0742-55-0809(不空院ヨーガ教室)
blog  yoganara.exblog.jp



« 奈良ヨーガリトリートin西大寺 楽健法とヨーガの二日間 | トップページ | 集団的自衛権は自衛のために先制攻撃をするのか? »

健康思想と実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/59390018

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺:

« 奈良ヨーガリトリートin西大寺 楽健法とヨーガの二日間 | トップページ | 集団的自衛権は自衛のために先制攻撃をするのか? »

最近のトラックバック

ウェブページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31