« 森の石松めいた子猫の話 | トップページ | 楽健短歌 中尾佳那恵 »

2017年10月10日 (火)

楽健短歌 日野宥佳 

   楽健法研究会 短歌の部屋

       日野宥佳



2018/08/27 投稿

1時間悩んで石好き7歳はこづかいで買う青金石(ラピスラズリ)を

学校に行きたくないとぐずぐずいう憂鬱わかるよ明日始業式

児はビー玉転がし我はタイ料理この夏休みの自由研究

カオマンガイ、チェー、フォー、ガパオ、トムヤンクン、“タイ料理の素”スーパーに上陸

緑豆のココナツミルクぜんざいに「俺の胃袋は鷲掴みやな」と

米国の戦後食糧戦略に日本の胃袋鷲掴みにされ

コンビニのパック玄米一日一食スローなんだかファストなんだか

微生物の世話になりたる一本のか弱き管なりホモサピエンス



2018/08/17 投稿

盆過ぎて秋来にけらし客用のシーツ干したり伊那谷の風

児の腸に巣くうキャンピロバクターを梅と楽健法で叩く

「大人って何」の問いに7歳は即答しにけり「じゆうになること」

引き揚げの苦労話を何一つ語らず祖母は特養に在り

沖縄の翁(オジイ)星となり逝くも長き夜は明ける必ず



2018/07/12 投稿

過去形でオウムの事件は語れまいカルトそのもの滅びる日まで

君を悼み言葉探すも見つからず慰めの歌も気持ちも届かず

地に根ざし風雪にたえ花咲かせ実つけずして種など飛ぶか



2018/06/15 投稿

糊きかせパリッとアイロンかけしシャツ梅雨に勝つがごとく誇れり

今ここで誰のために何のために磨くか部屋とYシャツとわたし

諏訪でパン焼く女性(ひと)つぶらな瞳なり麦穂のごとく湖風にそよぐ

杉木立ち枝先滴る朝露のプリズム楽し青、黄、オレンジ

錆色の湯にて地の氣と交歓し老師と和尚もかく癒されしか

薬師神祀る温泉宿の主見えぬ土産をわれに授けり



2018/06/04 投稿

戦場でカメラを構えし男ありフィルムの優れたるを語る

深々と下げし三枚刈り見れば君こそ「大人」の犠牲者ならずや

冤罪を克服できぬこの国で密告型の司法取引

政権の与党腐敗はとどまらず新潟の野党共闘は醗酵

照射熱対流熱伝導熱バゲットを焼く熱再燃焼

『パンの科学』ブルーバックス繙きて道なき道のコンパス探す

天竜峡駅を降り立つ夫と児昼の楽しみ楽健サンド

列島の成り立ち解れば原発も基地もリニアも無理無謀なり

死ぬ前にいっぺんリニアに乗りたいと詫びる夫に無言の笑顔を



2018/05/27 投稿

戦場の聖母子像の写真あるcafeはエスプレッソも苦し

あの山を越えて会いたしタンポポの如き笑顔にああ野麦峠

戸隠の忍者村のアスレチックわれの苦戦をカッコウが笑う

黒姫の水で淹れるカフェの庭に青空踏合い会を夢想す

野尻湖の水面(みなも)に揺るる光あり底に人類史の秘密あり

和尚のパンとルヴァンのバゲット眼前に聳ゆる双璧霊峰の如し

「無言館」出口開けば緑風と光さやけし涙腺ゆるむ

あなたいま檻に生きてはいませんか青き眼の俳人に問われて



2018/05/21 投稿

スーパーに小梅のあれば心騒ぎカリカリ漬けにと1キロを買う

緑色片岩(りょくしょくへんがん)地球の来歴語りつつ梅の上の重石となりぬ

新しきフライヤーのキャッチフレイズ「ふませてください貴女のおうちで」

関電さんメーター断りなく換える電磁波イヤとゴネてみたいのに

「スマートメーター『過敏』なのでお断り」自作ステッカー貼りて様子見

眠れない夜も不安な日もあろうワクチン打たせぬママたちの苦悩

結核もはしかもワクチンより前に流行抑えし公衆衛生

核ゴミの地層処分何万年そこにも微生物は棲むらし

光さす木叢(こむら)を歩む初夏の昼おにぎり八つあるピクニック



2018/05/13 投稿

崖上に凜と暮らす媼あり ゴミ袋に記名し出すとふ

カリカリ梅「いちっばんだいじな調味料は“風通しのよい置場所”」と聞く

久々にパンを焼けども膨らまず我が家の酵母は引っ越し疲れか

一等星スピカに願うわがパンを焼く腕もっと上がりますよう

「ぎゅうにゅうをのんだらきゅうしょくたべられへん」「ほんなら無理に飲まんときいな」

給食の牛乳無理して飲むは何故われの問いに児はくちごもる

6時間授業のある日は宿題とおやつが済んで遊ぶひまなし

「改定」のたびに先生しばられる学習指導要領なり

保育指針改訂されて保育士も時間外の日誌書きが増え

子どもらと向き合うほうが大事なりPDCAサイクルよりも

母として今読み比べる“旧”と“新”やはり“旧”がよし教育基本法

2018/05/08 投稿

宇宙そのひろがりのただ久遠なる 不思議と感動むねに刻まれ(『宇宙』かこさとし)

あやとりを教えたフランス人の友 今もかの地で遊んでいるか(『日本の子どもの遊び読本』かこさとし)

にんじんを応能負担で分け与え わが楽健魂の原点 (『にんじんばたけのパピプペポ』かこさとし)

巨星堕つ子ども心に寄り添いて非戦の絵本未完のままに



2018/05/04 投稿

コーヒーを飲みつつ朝日(新聞)をテーブルに夫と討論する憲法の日

夫との議論白熱する横で児は口ずさむディズニーソング

現政権での改憲反対の世論じわりじわりとふえつつ

伊那谷の薫風さやかリンゴの地に リニア駅建設計画

田や畑や家をとられて移転先知らぬ立ち退き住民の不安

南アルプスの中央構造線 トンネル通す人間の傲慢



2018/04/11 投稿

「かあさんが『山がきれい!』とうれしそうでした」と“あのねちょう”に書かれ

お隣の同じ歳の女の子と 一緒に登校する転校生

白壁に県地図・市地図・通学図 わが家の場所の印の付箋

学校に行く子職場に行く夫 言葉がだんだん東京弁化す

テレビもねぇインターネットもねぇんだで徒歩圏内の図書館さ行くんだ

後世の歴史家はさぞ困るらむ斯く公文書改竄されては

桜散り寒の戻りで降る雪に 白き冠南アルプス



2018/04/03 投稿

アオバズク青葉より早や渡り来てホウホゥッホウと鳴くや哀しく

転々と居うつすわれと友たちのわれてもすゑに逢はんとぞ思ふ

駐車場に出立せんと荷を積めば 時もかなひぬ今は走り出でな

転勤族転校生の運命を 愉しむ我らさすらひFamily

北上す桜前線追いつけば わかれの春の花こそ沁みけれ



2018/03/24 投稿

奢る者滅ぶ過程に魅せられて ♪Wind is browing from 「安倍事案」

おほけなきうき世の民の力なり歴史動かすはテロなどでなく

おそらくは秋田実の漫才は人を繋げる優しき文化

二次関数下に凸の放物線さういふ人生グラフの人あり

「おとうちゃん、あんな……」の拙き言の葉に耳と時間を与えられし日

昇る日の見ゆる窓辺に花と白湯供えて今日の平安祈る



2018/03/21 投稿

荒ぶるか春の南岸低気圧 この列島にこの国会に

白木蓮ほころびそむるを目の端に入れつつ急ぐ朝のバス停

さよならは言わず「またね」とハグをするやや強きやや長きハグを

それじゃあと振り返るひとの黒髪の風に揺るるを瞼に仕舞う

これからが貴女とのスタートと言う あなたの眼差しが胸に届き



2018/03/13 投稿

毎月の初伝とセラピスト講座の託児係さんに合掌

ママ居ない土日もパパと楽しんで迎えに来た笑顔が胸に染み

駆け足で学びし一年楽健法これ携えていざ武者修行

この道を照らすは丸山老師の究めし理(ことわり)アーユルヴェーダ

愛込めた健康料理や如何なるかこの目で見たり幸子’sキッチン

沙門その眼窩の奥底に潜みし青鈍の光にわれ畏れり

お達者で居てくださいと日にそよぐ桜に祈らん何処に在りとも



2018/02/12 投稿

山羊を飼う彼女の曰く“イマジン”は『共生浄土』のイメージなりと

詩人和尚SOCKS是『即笑』と駄洒落る一篇われ“着(チャク)る”なり

『かみしめる』玄米噛むごと歯の合掌 病も苦労も有り難からずや

夢を見る。己が胸に突き刺さる、そんな夢を和尚も見るらし。

沙門の僧孤高の楽健魂も混沌の中に錬磨されしか

極楽に生きるよりも苦と楽を共に生き合うこそ浄土なり



2018/02/08 投稿

軒下の鉢の氷まだ解けず 水底の金魚じっと春待つ

けんちゃんの無人野菜販売に ふきのとう有り20個100円

味噌汁にほぐして散らす蕗の薹 鼻腔貫く春は苦し

ほんまかい?疑いつつも児に与へ フキノトウの薬効検証

トイレから帰還し「へんなんでた」と言ふ児は熱下がりけろりと元気に

梅干しの種を重石で割るしぐさ猿に似てをり「天神」とる児は

医の原点(=)断食(+)祈りの「食い改め」 娘の風邪でわれ骨身に染む



2018/02/06 投稿

熱だした娘と寝床で眺めをり 朝陽射し込むチンダル現象

児が熱で予定あれこれキャンセルし在宅日というギフト授かる

児が病になりわがセラピー総動員 楽健、テルミー、枇杷の葉エキス、(…とサマディタッチ……)

楽健法した後トイレで児は驚く「なんかおしっこのいろがこかった!」

高野山土産の数珠の紐が切れ丈夫なテグスで繋ぎ直す

摩訶不思議な法にも万の理があろう この道往かんわれ数珠携え



2018/02/02 投稿

わらび座の『ブッダ』観たあと焼肉を食む己れらにセルフつっこみ

親族で勝手に決定!吾が児をば 劇団わらび座に送り込む事

復讐心物欲色欲煩悩が人の魅力となりうるを知る

ひとはなぜしぬのにいきるの?と泣く児に問われ戸惑う日のなつかしき

祈る事そは生き方の姿勢ぞと腑に落ちにけりルカ11章

見上げれば電線5本に讃美歌のごとく鳩の音符が並ぶ

観自在動自在とを併せ持ち 衆生救済せよと和尚は

医学徒の四弘誓願を垣間見ゆ『ブッダ』の救いはアーユルヴェーダ



2018/01/30 投稿

ウクレレでポロリンポロリンやりながら『糸』弾き語る児のいとをかし

ひたすらに『湖上の煙』のイントロをアコギで鳴らす児エレキも欲しがる

「スピーディー・ワンダー」「マイクロ・ジャクソン」と言いまつがえる吾が児とわれなり

「パラダイスの転換やね!」と言ふ父の話をわれは黙して聴けり

いいじゃない人間だもの間違えも躓きも道草も休みも

「俺は許す」と言はれて胸にある錘 溶けて涙となり消えにけり



2018/01/25 投稿

風邪の夫を丁寧に楽健(ふめ)ば児がポツリ「わたしもそんなしんせつされたい」

ウクレレも鯖を捌くも髪切るも歌も語学も習うYouTubeで

正食の料理教室誘われて行けば「料理の心」に触れて

マクロビの雑誌に「丸山博」の名 見つけて新たなご縁をむすび

ロバの音楽座でないが憧れの楽団来るをわれ心待つ



2018/01/12 投稿

こつこつと社会保障費削られて「防衛」費予算5.2兆

如何にして「健康で文化的生活」を 父母子月額15万余で

“マイバンク・マイフューチャー”をポチポチし エシカルでない口座を断捨る

「金なんぞただの道具にすぎぬのに喧嘩なんて…」と言ふ男前

「楽健とヨガさえあれば保険など無用」と笑う太陽系魔女

サンタからギターを与えられし児よ 楽譜等は年玉で買え

「とうさんのべんとうつくってあげたい」と 児は玉子焼きを丁寧に焼く

小刻みに小さき幸せ重ねつつ 日々向き合う育児家事家計



2018/01/10 投稿

三学期始業式の朝の道 りんごのほっぺを叩く寒風

昨年の12月のレシートの束記帳す(やっつけ)る冬休み明け

人は皆いつでも新しくなれると 念じて今年が10日も過ぎた

蒟蒻と芋のカレーにあんこを入れ 此はダルバートと家族に言い切る

「また落下」「また不時着」またかまたか 米機飛行停止はまだか

平積みのコペル君の眼差しに 生き方問われ恥ずかしくなる



2018/01/05 投稿

ストーブで小豆茹でるを児に守らせ“瑠璃色の地球”口ずさみをり

仕事始め夫に持たせる弁当は うさぎのリンゴとおせち数品

三が日終わってやっとほっとでき 主婦は元日の新聞を読む

ボタンとは左右を合わせるためにあり威嚇を応酬するためでなく

そのボタン押せば壊滅必至なり我らが在るはガラスの地球

フランスの踏み友のあなたも観たのかな励まされるよね映画『Tomorrow』

玄米を食むごと『咀嚼が大事なり』これ新年の志とす



2017/12/28 投稿

編み物と「没法子(メイファーズ)」を教えし祖母 特養に在るの百寿を祝う

「失敗が大事よ」と子を育てし母に 今はわれが「失敗が大事ね」と

「闇のなかに在れば小さき幸せでも光る」が父の遺訓なりなむ

「この瞬間(とき)の最先端の貴女こそ 貴女の本質」と言ふ貴方

素ッ気ナク、しにかるデ、なうク、はっトサセル サウイフ歌ヲワタシハ詠ヨミタイ

吾が“名言オブザイヤー2017”は「あさをむかえるよるにいこう!」



2017/12/25 投稿

楽健寺天然酵母に出逢わずば吾が料理帖にシュトーレンなし

「サンタさん、かんじをよまれへんかも」と手紙にふりがなを振るおさなご

雨は夜更けすぎに雪へと変わらずに暴風雨になる“Silent Night”

願い事叶いてギターもらう児は Cコードだけできらきら星を



2017/12/19 投稿

朝早く起きられないわけではない ただ布団から出られないだけ

親の家片づけをれば10年前われの仕込みし梅酒を発掘

おん祭り飴細工の屋台ありて 憧れの注文“りゅう”千円也を

飴細工“りゅう”を落として角が折れ “恐竜”になる近鉄奈良駅

「挑」の字「手偏」でなく「しんにょう」ですと誰も告げず忖度をして

瞠目は原発・基地・ファースト政治 嗤いのめす“ウーマン…なにがし…”



2017/12/18 投稿

M-1に「北」を笑うネタは有り 「米」「安」嗤うネタは無し

最高の14頭脳の受信料判断われの頭脳は解せず

上程をされれば通過必至なり 両院多数改憲勢力

燦然たる万の民の願いのせ筆よ躍れ広がれ届け

空に海に大地に「ヌチドゥタカラ(命こそ宝)」の声 普天間辺野古高江に響け

ナウシカのうた口ずさみて児の問うは「なんでひとはきずつけあうん?」



2017/12/15 投稿

東光寺の外こそ楽健Tシャツ着「それなんですか?」と言われてみむ

友曰く、誰にも楽健魂がある、踏まれたら踏みたくなる心が

つるし柿児の両腕にかけたれば ジュディーオングの“魅せられて”かな

重曹水スプレーボトルを左手に キッチンあちこち児は拭く無心に

絵の具筆持ちて書家のものまねで“エア筆遊び”に興じる暇児

出勤前夫に児が身支度チェック「はんかち、はなかみ、ステーキ(定期)もった?」

「あのねちょう」自由に心情書けることその条件も平和の世なり

戦前は弾圧もされし綴り方 子どもの心の宇宙をひらく



2017/12/11 投稿

猫が死に嘆く婦人にオバチャンが「可愛がったんならええやんか」と

腕先をもがれたクスノキたちの道 ヒトの勝手で植えられ剪られ

カマキリの小枝にぶっさり刺されをりモズのはやにえ不思議な習性

楽健法はココロにも効くみたいと 二人のクライエントに言われ

四コマの『サザエさん』読みクククククッ 笑う児は平成'20s(トゥエンティーズ)

1分100円10分も100円でふみますと小学1年セラピストデビュー

我が研究所ロハス部門掃除局 炭酸塩なるを新たに導入

踏み友の遠方より来るとカレー食べ奈良市移住説得工作

焼き立ての和尚パンかじりて「オーマイガッ」友と三人クラスト讚美

如何にして燎原の火のごと楽健を天下に広めるかに挑戦(かに三匹)

相棒の姉さん女房50年掴んで離さぬ鬼の金棒(ぼう三本)

別れ際「ありがとう」とハグをする人生の十字路に立つ友よ(人生・よ・ありがとう)

グラシアスアラビータと歌いしの眼の奥底の光に畏れり(人生よありがとう)

あのときのあの躓きがなかったら いまのこの充実の時もなし(人生よありがとう)



11/28投稿



ひとしごと終えて見上げる朝の空 頬白一羽チョッピィーチリィー

歌詠んで内なる鈴の音に気づく それも楽健の修業きっと

夢を見た。出陣学徒壮行会。われらの息子達の行進。

嘆き怒り黙(もだ)す青春くり返す 経済的徴兵制かな

「今ここ」もいいが此方が好きである「未来を信じ未来に生きる」

とある家の食卓上のモノたちは住所不定難民状態

処方箋「細かいモノこそ定位置に」 住民登録こつこつこつこつ

「一仕事一片づけ」が主義なれど五仕事ほどして一片づける

踏み友が赤子負ぶいて吾が唯蘊 じんわり踏めば深部まで効く



2017/11/27 投稿

弁当を携え徒歩にて公園へ 半日過ごし散財回避

初冬の樹々に集うヤマガラの忙しく翔び交う音も立てずに

雨の中ターザンロープに興じる児内なる野性の目覚めぬるかな

雨の中野鳥の声を聴き瞑想内なる知性にアクセスしてみむ

雨の中東屋の夫は水筒のコーヒーすする内なる惰性で

雨降りて三人ぼっちの公園で歌う「てのひらを太陽に」を

てのひら踏み廃線ローカル血管に血が往き末端細胞歓喜

受戒の日四天王寺で習いしは 痺れた足の対処法なり

大腿筋腹筋背筋鍛えれば足に血が往き正座ラクかな

護摩焚きの読経十数回に備え 痺れぬ正座の研究しをり

宿題の“あのねちょう”を機嫌よく児は書き終えて父母も安堵す



2017/11/26 投稿

土曜日の朝の不機嫌の原因は「とうさんといっしょにすうどくしたかったもん」

「“あのねちょう”にかくことないからあしたはかいゆうかんにいきたい」と言ふ児

明日は公園行こうよ!青空の下で“カレー弁当”食べよう!

ついていくついていかないで盛り上がる転勤族の妻の女子会

産婦への楽健ついでに嬰児を 沐浴させたり喜ばれつつ

受け売りの骨盤体操教えたり 静養できぬ産褥のひとに

よく母乳出ますようにとフェンネルとシナモン入りの惣菜差し入れ

横綱級ほどでもないがキレてみる スマホ見ナマ返事ばかりヒトに

素っ気なく淡々として冷静な返信してやる愚痴ばかりの人に

腹黒き底意地悪さもあるニョロよ ほんとは怖いニョロよ あたし



2017/11/15 投稿

とうさんにならったチーズたまごやき うまくやけずになみだなみだ

同期生の緊急電話の用件は和尚のカレーの作り方なり

御料理の上手い魔女のワザ盗み今夜の汁にトマトを入れる

高台に移転しがらんとした役所その向かいにこども園出来

津波来る海辺の大型こども園盛り土もせず来春開園

琴の浦ゆ『カンタ!ティモール』サントラ盤聴けば胸に力湧き満つ

敵を赦し大地を謳いしギタリスト 逝きティモレストの星になりぬ

夢を見た。戦争始まる夢を見た。夢は茶色の。朝、肩凝りに。

夢は夢悪夢は悪夢現実は良くも悪くも変えられるはず



2017/11/13 投稿

おかえり!とニコニコ顔の児の手には甲賀忍者の手裏剣レプリカ

留守番中カレー食べんと児と夫三島土鍋で米を炊くなり

眠い目をこすりてヨモギトーストを児は黙して食む月曜日の朝

ごじゃごじゃ言うわりに単純な人やねと いけずな魔女に占われにけり

50年心憎き程掴まえて離さぬものは核心か妻か

「健康は平和が条件」とふ和尚のツイートに内心「いいね」と呟く

清らかに生きることの難しさ 「真実を語る」ひとつ貫けず

寒々と葉を落としたる桜の樹 澄む空の枝に冬芽ぞつきたる



  2017/11/04 投稿

「護身法で肩凝り治る」と某師匠諭す直後の顔の茶目かな

児が借りた忍者の本を見て夫 「臨、兵、闘、者」印の練習

図書館に行く道迷うわれに児は「ぼうけんみたいでたのしいね」と言ふ

図書館に忍者の本を返す児が次に借りるは忍者の図鑑

薬草と忍者と中央構造線 繋ぐ書探し図書館さ迷う

「おかあさん、きょうはちくわカレーして!」未知の味への冒険はじまる

スーパーでカレーのルーの箱裏の表示にウンザリ棚へと戻す

スパイスをテンパリングし薬膳風竹輪カレーに挑戦してみむ

DVD『風立ちぬ』の声ききて 玉葱切るなり涙耐えつつ

過去、事情、病、迷い抱えども歌詠み楽健いざ生きめやも

我が家8年憲法71年をカレーと梅酒で祝う文化の日



2017/10/31投稿

「ちきゅうがおわるのっていつ?」の問い 「誰にも分からない」と答えり


だんだんと黄色に染まる小さき手 今日三個めの蜜柑むくなり

はらわたを取らずに呟いてみたや 秋刀魚は苦いか塩っぱいかと

骨キライ苦いのキライと言われても 伝えたしや大衆魚の味

“夜と霧”に包囲されたとして尚も 吾が理性よ抱くか“光”を

前線とともに来たかジョウビタキ会えて嬉しや寒さ増すとも

2017/10/26投稿

「にんげんのプロポーズってどんなん?」と『生き物図鑑』閉じて児は問う

標識の「阪奈(はんな)」を「さかな」と読んでみる漢字大好き小学1年

1年生漢字の練習「一、二、三、四、五、六“亡”」嗚呼惜しからずや

丹波黒枝豆ご飯に舌鼓打ちて夫は土鍋さらえる

草臥れて帰宅、夕食、入浴後、バタンキューで楽健する間なし

ダンナさま軽くカローシライン越え異常が異常でないことが異常

黄昏の山の辺の路の古寺にバンスリ響く吾ががらんどうにも

タンプーリ明鏡止水と波紋とを表すオウムの音色に憧る

月曜の楽健の予約キャンセルのメール嬉しや「男児出産」と

生きもする死にもするを愛すほど 深くなりけり喜び悲しみ

吠える声走るすがたは今はなし 然れど忘れじ君のぬくもり

靄晴れて清らな大気に差す朝陽 プリズム透(とお)しクリアなる虹



  2017/10/17 投稿

楽健の友が飼うヤギは元気に草を食むなり地球のリズムで

生きもする死にもする生あるものに愛注ぐほど悲しみ深し

ヤギたちの暮らす山ある町の空 轟音火の玉なき空であれ


  2017/10/16 投稿

楽健の極意はリラックスなりと“蜘蛛に囚わる昆虫”ぞ示す

将来の夢は歌手か忍者らし児が観るビデオはだいたい「漫才」

顕微鏡あれやこれやと見てをれば「ママじぶんのかいーや!」と叱られ

東光寺からの帰路にて湧き出ずる想いと言葉「ほんまありがと」

わが留守中オニの居ぬ間にとて父子「しゃぶしゃぶ」と「モスバ」食しにけり

ハイボールと梅シロップ炭酸割りで乾杯するを「シュワる」と言うなり

これやこの食せば健康になるとふ知るも知らぬも小阪のパン

ブルータスお前もかのセリフよぎる 鉄くらい信じたかりつれども

米軍のヘリ墜つわが祖国の土に何らの汚染なしやありや

推定無罪も三権分立も解せぬ人に総理の椅子なし

“考える、人を信じる、繋がる”が ハンナアーレントの生のすがた

月曜の工房で買う焼きたてのパンを食むなり頭垂れつつ




  2017/10/10 投稿 10首

二時間めから学校に出汁の香のにおうは自校式給食なら(奈良)では

海の無きここ奈良でイソヒヨドリはホイッピーチョイチョイ清らに鳴きをり

あおによし奈良に踏み絵を踏むふたり「希望」なる風吹かすや否や

食べるのがいいのか食べぬのがいいか食の真実いずこに在りや

「旬野菜もち味いかし簡単に調理すべし」と丸山夫人は

種子法廃止で如何ならむ伝統と風土いろどるタネよジーンよ

「ちきゅうはひとをひっぱっているのに、なんでわたげはうくの?」と児は問う

児の問いに父の答えは児の知らぬnew wordのオンパレードなりけり

運動会こどもの歓声かき消して10機編隊ヘリの轟音

赤組が負けてしょんぼり1年生 心の畠耕してをり


    2017/10/04 以下4首アップしました。

駐車場「ここ、ええやんなぁ」と呟けば 「ここ『B』やでぇ!」と駐車位置を児は

「自公」対「補完党」対「立憲組」9条改正の争点鮮やか

われを寝床に誘いし児の曰く「あさをむかえるよるにいこう!」と

絶望し嘆くことは麻薬なり 夜明けの来ない夜などない


  2017/09/28 投稿

おさなごに『パパママバイバイ』読み語る母の声は涙につまりし

厚木夜間飛行差し止め裁判の勝訴の効力は米軍に及ばず

水銀神丹生都比売の加護よあれノーモアミナマタ条約発効

教育費をアメとし票とり本命は9条改憲A氏の悲願

かの国の僻んで窮鼠猫噛みの戦争回避は世界の試練

神妙に墓前に合掌しのち児は「ひいじいちゃんまたね」と手を振りスキップ

スシュルタの原典日本語訳出たは46年前のお彼岸

波羅密多にとうてい到達できずとも われはわれに成る道求めん


  2017/09/26

煌めきはCDの裏のごときかな 小さきクモの巣に朝陽の祝福

過剰反応だとは思えどもまさか日本の領空外とは

宇宙空間に飛びしミサイルは「侵犯ない」とあの石破氏も

意図的に他国の脅威を煽るのは軍事強化の常套手段


  2017/09/21 投稿

セラピスト講座の必須科目とて捻りし歌はまだ60首

「17期は独特や」と幸子女史 今また入った仲間ユニーク

楽健の道を往かんと万葉の里にて学ぶアーユルヴェーダ

足腰肚鍛えんとてウォーキング和尚の魔法の足をめざして

「たんしゅく」で早く帰りし吾が子との昼は手軽に素麺4把

ピアニカの「エリーゼ…」と「ねこふんじゃった」交互に聞こゆ蝉時雨の昼

この夏の予定はなんにもないままに明日に迫る終業式

休憩時キュウリとトマトとイチヂクをプールサイドで喰らう母子

プカプカと浮いてるだけではなんだからバタ足でもしてハムスト鍛える

クマゼミの喧し鳴きの樹の下に転がる骸(むくろ)は静かなりけり

一つずつ火をつけ鑑賞する花火八本だけでじゅうぶん満喫

寝る前の楽健のときに「おかあさんボウクウゴウってなに?」ときく子

「ビビッドでユニークな歌」「もはや歌人」佳那惠歌への和尚の評

佳那惠女史フーレで鍛えし体幹で楽健ふめば魔女の足なり

名を変えて施術も変えて前に行く姉さんの才能底知れず

ばあちゃんに預けられて前髪を切られた娘は市松人形

「とうさんにナンプレかってもらった!!」と娘はすでに八問解きけり

「記念日」の意味を辞書で調べた子「それじゃあきのうは『すうどくきねんび』!」

美しい包装紙がわが家に来ればブックカバー用にストック

とりあえずできることから始めたい省エネ・節電・食品ロスゼロ

地球上最も非人道的ゴミは原発から出る核のゴミなり

核兵器禁止条約を力に廃棄へ進め人類は核を

愚かしき戦禍知らぬわが世代も歴史に向き合い次代に繋ぐ

何百万何千万人もの犠牲繰り返さぬため生まれた憲法

胸キュンな映画『植物図鑑』観た 再開したい野草料理を

草木、花、野菜、盆栽育てるはわれの苦手分野なりけり

夏休みアサガオ観察用の鉢次々咲かせ種も採る子

ゴーヤ、ナス、キュウリ、トマト、オクラにピーもらいて料理すわれの役割

原発の事故を境にためらいぬツクシ野草山菜採りたし

この国の土はどこまで汚れたか海はどこまで汚れたか

唐突に「しぜんちゆりょくってなに?」娘の問いは答えに詰まる

A首相加害の歴史に触れぬまま反省皆無の「不戦の誓い」

姉様のひそみに倣いてわれもいざ三百の歌いま詠みいでな

肉入れず砂糖も入れぬ「肉じゃが」を我が家では「もはやじゃが」というなり

「風(ふう)」じゃない味醂と醤油麹とで南瓜を煮れば甘さじゅうぶん

シュガーレス料理研究の結論 醗酵のものが旨さの秘密

力ある土で採れし野菜なればシンプル調味でじゅうぶん満足

「食」という歌よみの鉱脈見つけたり春夏秋冬尽きることなし

サングラスはずせばプールの水面に眩しくはじく飛沫と笑顔

父と子の「おんぶもぐり」なるを編み出して座頭鯨のごと戯れり

本日の遊泳時間終わるのになかなか上がらぬカッパの親子

プールから上がれば己が脊柱に容赦なきかな万有引力

この夏の蝉は吾が子と同い年いのち短し恋せよ乙女

十日ほど命削って鳴きし蝉死して屍拾う者なし

G対策すればムカデも来なかった二月のホウ酸団子が決め手

寝室の灯りつければクニクニとヤモリの這うぞいと愛らしき

飽きつつも実家のゴーヤありがたし 野菜値上がりの記事を見た故

『非老化性パン様食品』というらしいスーパーにあるイーストパンは

フタル酸エステル溶け出すレトルトのカレーは鍋にて温めるがまし

水銀とアルミ含みて十数本乳児に打たれる定期ワクチン

ロウソクを七本たてるケーキ食べディナーは薬膳スープカリィ

「パンを焼く暇もないなら生きる暇もない」とガンジーの言に迫られ

モハマヤの神のバートを戴きて友と学ぶ楽健愉し

道に落つる藍紫の花びらの香り籠りて葛咲き初めし

公園にヌスビトハギの茂みあり小さき秋を告ぐひっつき虫

「ハイボールやる?」と暗い顔に問えば「やろか?」と返す笑顔のありて

あの日からたったの16年なれど911を悼む記事なし

911三千余りの犠牲へのレクイエムかな憲法9条

楽健法施し伝える事の意味まだ解らねどわれこの道往く


  2017年9月20日 投稿

裏山の柿の木色づき始めるにカラス来たりて物色しをり

牛乳のベータカゼインA1もお腹不調の原因なりけり

母もしてみんとて数独するなれど 児の手ほどきでやっとこ一問

探す場所まちがえれば見つかるはずのものも見つからぬと言う牧師

真実を知り真実を伝えたるソジャーナトゥルースその声いかに

誘われて『人生フルーツ』観にゆけば 整えたしや衣食住を

表向き子ども用にと顕微鏡買えどわれが見たやミジンコ

人類に土星の姿とロマンとを届けしカッシーニ燃え尽きにけり

顕微鏡のぞけば母子で「ワンダホー!」蚊の複眼やシラスの鱗

TSUTAYA行けど『この世界の片隅に』全レンタル中今日も借りれず

親の家の壁の積年の塵を洗い わが衣手は重曹水に濡れつつ

ランドセルショルダーラインに汗にじみ 吾が子はおやつの前に宿題

肩の関節が痛みて久々にリュックを新調おでかけ嬉し

軍用機飛ぶをみれば胸騒ぎ ゼッタイノーモア『パパママバイバイ』

  2017/09/06 投稿

三月は吾が子の成長想う月 フクシマ、東北想う月

楽健法実験台の君の手が わが背押すなりセラピスト講座へ

「ママ楽健パンを習って大正解!」プチパンほおばり娘は言う

「あらいやだ!チーズトーストこげちゃった!」娘は平気「ええで大好きやもん」

小出氏の講演会のわが席の隣で娘は鶴を折りをり

「食」と「知恵」知って知らせて手をつなぐ内部被曝に向き合う仕法

アーユルヴェーダ初学者の台所スパイスコーナーに瓶は殖えつつ

藍色のマグに残りしポタージュをすする娘も歌を詠むなり

ウランちゃん起こしてごめんね怒るよね地下でずっと眠たかったよね

放射能、gm、ネオニコ、エトセトラ…「複合汚染2.0(ニイニノンレイ)」

「イノベーション」「デュアルユース」の名の下に蔓延るなかれ軍学共同

人間性欠いた学問、学術に意味があるかとガンジーは問う

鶴淋、多喜二、清、尹東柱(ユンドンジュ)悪法が奪いし命のあまた

何度目の正直なるか「共謀罪」治安維持法の亡霊(ゾンビ)ぞしつこき

幼な子の命奪いし毒ガスのおぞましきかなシリア攻撃

満開のソメイヨシノに見送られ雨の桜井東光寺へ

雨ふるな風吹くな花を散らすなせめて明日の入学式まで

六度目の春に吾が子の摘む土筆受け取る指に須臾のためらい

濡れ髪を乾かしをりて空いた手で『アーユルヴェーダ』の頁めくりぬ

あと数行読んだらこの章終わるから読み切りたいでもまぶた閉門


    2017/08/08  投稿

「かあさんのりょうりのまほうしりたい」と即席スープで言われても…

隣人のこころの痛みがわかることそれを、人間性というのだ

避難した君の話に聴き入りてわれは自問す何をなすべき

大切な人と離れてしまうけど沖縄転勤第一希望

窓を開けヨガをしをりてうぐいすの声はこう鳴く「ホーホットケキョウ」

朝五時にスムージーを飲みながら夫婦で聴き入るうぐいすの声

メジロをばまことに愛する者なれば野に鳴く声こそ美しかろうに

「しょうがないやっちゃなあ」と言おうとし六才の子は「しょーがやっちゃなー」

新緑に桐の紫かくしたる生駒の山道西へと急ぐ

阪奈越え実家に向かうドライブで窓あけ薫風招き入れたり

緑風に吹かれて阪奈を走りをりミラーのぞけば前髪くしゃくしゃ

ユキノシタ白く小さき花の咲く茎は「おばけだぞう」に似てをり

キッチンの窓辺にプリズム置きたれば白湯のむマグに虹ぞ映りぬ

友だちと待ち合わせした坂の下笑顔がふたつ朝の陽光(ひかり)に

エプロンし台所に立ち洗い物「東光寺」から「うち」にかえる

手をつなぎ吾が子と歩く登校路みどりのにおいに足を止められ

子がいけばラジオを入れて朝の家事この春からの新習慣なり

「これどう?」と和尚がくれし栞をば丸山博著作にはさみぬ

はじめての授業参観日の朝に子はわれの縫しスカートをはく

校門で段ふみはずし尻もちす誰にも見られずセーフなりけり

「かあさんのかおにほくろが40こ」君よ数えたまふことなかれ…

「さんかくぶちしんじゅうきょうのガラのぬのこんどかって!」と言われ困惑

三月は吾が子の成長想う月 フクシマ、東北想う月

楽健法実験台の君の手が わが背押すなりセラピスト講座へ

「ママ楽健パンを習って大正解!」プチパンほおばり娘は言う

「あらいやだ!チーズトーストこげちゃった!」娘は平気「ええで大好きやもん」

小出氏の講演会のわが席の隣で娘は鶴を折りをり

「食」と「知恵」知って知らせて手をつなぐ内部被曝に向き合う仕法

アーユルヴェーダ初学者の台所スパイスコーナーに瓶は殖えつつ

藍色のマグに残りしポタージュをすする娘も歌を詠むなり

ウランちゃん起こしてごめんね怒るよね地下でずっと眠たかったよね

放射能、gm、ネオニコ、エトセトラ…「複合汚染2.0(ニイテンレイ)」

「イノベーション」「デュアルユース」の名の下に蔓延るなかれ軍学共同

人間性欠いた学問、学術に意味があるかとガンジーは問う

鶴淋、多喜二、清、尹東柱(ユンドンジュ)悪法が奪いし命のあまた

何度目の正直なるか「共謀罪」治安維持法の亡霊(ゾンビ)ぞしつこき

幼な子の命奪いし毒ガスのおぞましきかなシリア攻撃

満開のソメイヨシノに見送られ雨の桜井東光寺へ

雨ふるな風吹くな花を散らすなせめて明日の入学式まで

六度目の春に吾が子の摘む土筆受け取る指に須臾のためらい

濡れ髪を乾かしをりて空いた手で『アーユルヴェーダ』の頁めくりぬ

あと数行読んだらこの章終わるから読み切りたいでもまぶた閉門

雨風に耐えし校庭の桜がピカピカの一年生を迎える

入学式緊張したか一年生カレーひとくちだけ食べて眠る

氷上にトリプルアクセル跳びし君ソチのラフマニノフを忘れじ

楽健寺和尚のくれし酵素にてわれはバゲット試行錯誤す

ランドセル背負いて初の「いってきます!」ばあちゃん出てきてパチリと一枚

ランドセル揺らして初の通学路吾が子を公然尾行するなり

ランドセルカタカタ鳴りて朝の道確かな歩調にわれは安堵す

午後三時斜めの陽光(ひかり)に黒髪を弾ませ花散る小道を往く子

田畠海風土の恵み米豆塩命育み支え祝ぐ

内部被曝の正き恐れ方われに教えし肥田氏逝きけり

共謀罪に君怖れたまうことなかれ歴史は証(あか)す盛者必衰

門前の草抜きをりて手が止まる蒲公英のこす最寄会(あつまり)の朝


Pict3

     スケッチ バリ島 山内宥厳画

« 森の石松めいた子猫の話 | トップページ | 楽健短歌 中尾佳那恵 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/71931720

この記事へのトラックバック一覧です: 楽健短歌 日野宥佳 :

« 森の石松めいた子猫の話 | トップページ | 楽健短歌 中尾佳那恵 »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル