« 楽健短歌 日野宥佳  | トップページ | 楽健短歌 筧ミツル »

2017年10月10日 (火)

楽健短歌 中尾佳那恵

 中尾佳那惠

中尾  佳那惠さんが 300首を超えてからの投稿です。

               2017/12/14 投稿
もういいかと短歌作りを投げ出した我の内鈴鳴らす相棒
将来の考古学者はオカッパで傘棒顎に握手に応え
手裏剣のレプリカ持つ児傍らに用心棒のデューク東郷
別れ際ハグ泥棒の暖かさ胸に纏いて寒風に向く
これまでの過ち全て棒引きにして余りある穏やかな暮れ

               2017/12/13 投稿
阿闍梨より藪から棒にお題出て短歌うらめし舞う粉雪よ
ギャル好きと言わぬが花の楽健棒マジな活用可笑しさこらえ
これ正に本家本元お墨付き励む心は鬼に金棒
初めての和尚のセーター姿から辛棒重ねし青年みたり
編み棒の数だけ恋をしてきたり未完のセーター師走断捨離
 


     2017/11/22 投稿

ニョロニョロは誰の中にもあるニョロよたまにはニョロの言い分聞こか
ニョロニョロを一皮剥いてよく見れば意外と可愛い顔してござる
損得を考えてるとニョロが出て心すり減りニョロニョロニョ
久々の聖とランチにショッピングお財布持たずにちょこっとニョロリ
ニョロよりももっと怖いはベットリロ油断めさるなベトベト沼に


           2017/11/18 投稿

いらっしゃいカマドのおこげ食べたけりゃ噛めば噛むほど強くなるから
ご主人は臭いのですかと問われたり周り見渡し我が亭主だけ?
いらっしゃいカマドのおこげ食べたけりゃ噛めば噛むほど強くなる
楽健は妊婦の味方心身をゆるゆるにして産前産後
発したる言葉と真意違う事山羊飼う人に教えられたり
真実は一つなれども万通り受け取り方は自由自在で


           2017/11/18 投稿
秋 どうしても子が欲しいのという女(ひと)の臀部鼠径部踏む秋の暮れ 遠路より同士来たりて秋喰らい技みがきあう嬉しかりけり 秋の客和尚のカレー作らんと材料揃えはてSOS 電車待つ隣の他人と秋のせい夢を語りて握手で別れ 松茸の香りばかりを頂いてスーパー3軒はしごする秋 2017/11/10 投稿 すぐ怒りすぐ諦めてすぐ忘る歳をとるほど増すスピードよ ベランダの干し柿越しにまさか猿訳判らずににらめっこする まず蒸してオーブンで焼くこの手間を黙して省かずツレの朝 重曹の洗濯講座我が家にて主催するなりまず一歩から 連れ合いの緑寿で初の年金かちょっと豪華に松茸にする? 2017/11/05 投稿 新しき歌友の歌くりかえし口ずさむうち柚子の実熟れた オマージュとパクリの違い調べたり友に恥じない歌詠みたくて 歌友と書いてはふいに恥ずかしや片思いには馴れっこの我 少女から恋の相談されたれば我が失敗を勇て語り だんだんと化粧のままに眠る夜が多くなりけりもう正月だ  中尾さんが300首に達したという纏めを送ってくれましたので差し替えて掲載します 2017/3/16     01 雲の人宥厳和尚の眉をそりハイテンションの帰り道かな 02 シャンソンの大先輩に魅せられて虎視眈々とさらなる高み 03 がらんどう色は匂えど深すぎて教養のなさ身につまされる 04 脈診で先生の歳18でわたしゃ16番茶も出花 05 詠むほどに不安深まる春の夜未知なる叡智さあ目覚めなさい 2017/3/17 06 お茶花を矯めつ眇めつ見たならばなんともゆかし 襟足あたり 07 不機嫌な主人の小言聴き取れず異星人かと疑ってみる 08 春待てど長患いの母が逝きたまの休みに行くあてもなし 09 褒められて瞑想中も文字かぞえ悟りの道よさらに遠のき 10 飲尿と短歌始めし我が妻にとうとう来たか腹くくりたる 2017/3/18 11 ありがたや和尚のどアップ待ち受けにどんどん浮かぶ三十一文字が 12 なけなしのヘソクリはたきリノベーションおれおれ詐欺に振る袖も無し 13 通夜が明け記憶の中にない母にありがとうねと呟いてみる 14 ちょろいものお願い事をする時は大好物の皿ならべつつ 15 あなかしこ君が心のがらんどうわが心にも鈴がなるまで 2017/3/18 16 いい事を思い付いたと電話して折り返されて中身忘れて 2017/3/19 17 インドまで英語が喋れますようにいつのまにかと足す夢日記 18 くそくらえ 母の日なんか大嫌い 幼き我を 抱きしめてやる 19 あの日から 何も変わらぬ 君なのに ごめんなさい ね 跡形も無く 20 私には 何も残さず 逝く母が 孫に遺した 光明真言 2017/3/22 21 ひらめけーと待ち受けの僧の顳顬に人差し指と中指をおく 22 あぁわたし夢の中でも探していたよ私の中の鈴の在り処を 23 摘みたてのオリーブオイル食べさすと島の日焼けた同級生が 24 結局は別れ話をしていてもその眼差しが好きだったから 25 病室の夕暮れ時の寂しさはネットサーフィンしていてもなお 26 まだ抜けぬハリーが向こうにいるようで扉をそっと押し開ける癖 27 風呂場まで追い掛けてまで叱ったら黙れクソババ怒鳴られて泣く 28 断捨離で出てきた古い日記帳貴方に貰った花びらハラリ 29 何処にいて何をしている人なのか逢うべき人に逢ってない気が 30 ロンドンの下町あたりに住もうかとエアプランツにうそぶいてみた 2017/3/23 31 母の町街路樹の道右側にプラモデルのよな潜水艦 32 帰還した最後の少年飛行兵を母の心で楽健法ふむ 33 友も又季節変われば必然と似合わぬコート脱ぎ捨てるよに 34 還暦で名前を佳那惠に変えました名付けた人はもういないのだし 35 おとうちゃん修学旅行も行かないままに大人になったよ紫陽花好きの 36 ぐぢゃぐぢゃになっているのか腹の中久方ぶりの難病の我 37 我が父は貧しかったの墨汁も絵の具の白も買い与えずに 38 愚痴ポロン嫌いな人が多いよね娘に言われ言葉失う 39 碧の海 阿多田島から大竹市まで舟で通学していたと聞く 40 ルルルルル ルルルルルルル鳴り止まぬ許してあげよかあげまいかな 41 もし仮にあぁもうやーめた何もかもふいに私が言ったとしたら 2017/3/24 42 誰にでも埋もれる才能あるならばパーカッションを習ってみようか 2017/3/30 43 これまでは反面教師これからは目指す背中に唯前を行く 44 灯り消し湯舟で両耳を塞ぐとね確かに生命の音が聞こえる 45 狂いそう人が私を視るように自分の顔は一生視れぬ 46 桜待つワクワク感を押しつぶす杉と檜の生命力が 47 好きな人必要な人邪魔な人色々あってかけがえのない人 48 いつのまに我が身3人夢叶い我が儘気まま自由自在に 49 印度にはもう何回も行きました妄想の中弟子を気取って 50 毎週の年間予約のお客様寝姿まさに布袋様なり 2017/3/31 51 谷君がいつもご機嫌その訳はぐっとハードル下げればいいのと 52 切り花の銀を塗られし柳の枝今や川辺の大木となり 53 開店の祝いは何も要らないと言うひとり子に我が墓買おう 54 門前の川辺に植えたさくらんぼ今年もヒヨの腹満たすのか 55 我が姉は芸術家なの今も尚妹ふびんと絵で応援す 56 未来より苦しき今を眺むれば短歌のネタに今はもう過去 57 楽健を習いて来たぁースカウトが新天地での出逢い嬉しや 58 縺れ行く己が心の訝しさ頼りたいのか頼られたいか 2017/4/3 59 老人よ大志を抱け堂々とくれない病の処方箋なり 60 厳島石垣碧く苔むして見上げる桜まだ三分咲き 61 人は皆最期に想うただ一つもっと素直に生きれば良かった 62 ぎりセーフ人生ゲームリアル版そればっかりでどうにかこうにか 63 なんたって軽く明るく温かくそこが良いねとあの人も言う 2017/4/4 64 大事です九紫火星の私には自信しかないこのフレーズが 65 ラベンダーベルガモットのブレンドが険しきを行く旅の相棒 66 雨上がり極楽寺山碧々と心の内を見透かすように 67 いちご狩り勇んで友と沖見町5分も経たずもう腹一杯 68 八幡川大吟醸の酒かすが仕事終わりの心身満たす 2017/4/7 69 嫁に出た娘の残したダンボール開けて恨めしキムタク笑顔 70 難病の権利を放棄いたします選ばれし者の特権ならば 71 レンギョウとユキヤナギがね乱れ咲きどちらも負けず嫌いなのかな 72 五分咲きの桜並木が雨の中ただ粛々と悲喜交々で 73 この身体日々衰えどこの内は日々新しきを求めてやまん 2017/4/10 74 「ななちゃん」と人形相手に話す人待合室で声響きたり 75 奥歯抜け2つの自慢が1つ減り踵の柔さ見せる人無し 76 健気しか言いようもなしスパ羅漢すっぽん鍋の安さ哀しや 77 散り際の日暮をまね終活へ散った後こそ尚美しく 78 朝メシは僕が作ると言った人マンション買ってで顔色変えた 2017/4/12 79 貴方から期待されても困るけど希望と言われ励むしかなし 80 あの人の話を聞くと胸悪く慇懃無礼にギアチェンジする 81 帰途につきご先祖様の骨壺が泥に塗れたままが気になり 82 笑えます結婚写真はちんどん屋お貸ししましょか死にたい夜に 83 直系で10代前は千余ひとり位は聖子を護って 2017/4/13 84 確信す歳をとるのも悪かない明日の5時起き朝メシ前じゃ 85 眼鏡かけメガネを探す阿呆らしさ小さ過ぎるぜ約款の文字 86 今日も又13人でおしまいかもっと踏みたや楽観法で 87 弾けたいズンバのリズムノリノリで前の人生ラテンの人か 88 嘘でしょう甘えたかった本当は星空眺めふと気が付いた 2017/4/18 89 さようなら忘れなけりゃと想うほど執着心がべっとりべとり 90 始めるに遅しはないを間に受けてパーカッションをついに習いし 91 月光が今夜はやけに眩しくてあれこれ想い寝返りをうつ 92 明日には生きるか死ぬか5分5分の絶滅危惧種ホモサピエンス 93 お隣でスナップエンドウ頂けば急いで湯がき聖に電話す 2017/4/19 94 カラカラと弁当箱を持ち帰る貴方を待つ日々夢にみていた 95 魚屋でオコゼの顔を視る度に父の好物だったと想う 96 オランダでひと抱えものチューリップ100円也と聞きて羨み 97 姉さまと街でワッフル食べながら母が亡くなり寂しいかと訊く 98 不謹慎新月の夜の願い事素直でいいじゃないのと思う 2017/4/27 99 聖と居てたわいもなきを可笑しがりツボにはまりて涙ちょちょぎれ 100 紫陽花の蕾の群れを庭にみてほったらかしで許してと言う 101 この世での心残りがないように苺に練乳たっぷりつける 102 我も又あの世とやらに逝く時はやっぱり父に迎えて欲しい 103 処女の頃我を生涯養える男探してぎらぎらしてた 2017/4/29 104 サクラ散り父の享年過ぎし今声を無くした父の声聴く 105 干す前に洗濯物を畳む癖教わらずして母を真似てる 106 しんちゃんと言う名の隣の板場さん下駄の音さえ初恋の人 107 たらちねの枕詞がぴったりになりてようやく人らしくなり 108 ほっといて決して美人じゃないけれど声がいいねと上から目線 2017/4/30 109 尺差しを手にした途端鮮やかにシュルシュルシュルッと昔の杵柄 110 わしゃほんまほんまほんまの2語だけで愛を与える凄い人みつけ 111 汗だくで倒れるように寝た朝も晴れやかな顔眠るが大事 112 出稼ぎで22時過ぎ帰る道睡魔待ち伏せする2号線 113 人は人妙に納得する言葉今日は貴方が諭してくれる 2017/5/2 114 大好きな自分になるが夢でしたはしゃぎ過ぎなきゃいい線いくかも 115 広告の紙でゴミ箱つくる君世界でたった一人のハグ友 116 作業服衿と袖口グシュグシュとこの瞬間(とき)だけは妻らしくあり 117 ご近所で八重のドクダミくれた人今はホームで達者でいるか 118 腹くだし白がゆの中赤い梅たまにはいいね日本人なら 2017/5/8 119 足の爪真っ赤に染めて湯に浸かりゃあの夏の恋よみがえる 120 なんだかな五月生まれのプレゼント母の日込みの赤い花束 121 エレベーター母に抱かれし赤ちゃんとにらめっこして変顔三昧 122 赤ワイン今夜も歌が詠めなくて飲めない酒の手を借りてみる 123 黄昏に口説かれたなら何処までも付いて行きそな寂しさ消えず 124 さつき丸女房の名前付けた人たった2年で黄泉国人 125 朝バナナ脚つらぬかと昼バナナ締めもバナナで出稼ぎの日は 126 黄砂ふる屋根にたなびく鯉のぼり大口開けて咳きこまぬかと 127 頂いたそら豆トマト新玉にパプリカの黄を添えてハッピー 128 顔色の悪さにギョッと嫌な予感言わぬが花よ優しく笑おう 2017/5/16 129 ユーチューバー金食い虫の捨て猫が今じゃツレより稼ぎ頭に 130 何事もなかったように柚子の花今朝早々と咲きはじめたり 131 営業に弱い亭主の尻ぬぐい何の因果か南無阿弥陀仏 132 流れ来し日見の大佛仰ぎみて佛の意思に圧倒されん 133 急停止母の形見の呼鈴がコンソールの中祈って鳴るよ 2017/5/20 134 面倒な聖が旅行に出たとたん楽しんでるかとメールしたりて 135 陽の様あなたに付いて行けません唯ただ陰に向かう私は 136 大丈夫何を成そうと成すまいと生きてるだけで丸儲けなり 137 何処にある阿闍梨の舌をうならせる少年の日の柿の実恋し 138 朝ルーティン阿闍梨のツィートチェックする三日坊主が飽きずに続き 139 マニスって足裏すべて黒いのか阿闍梨の詩集よんでて想い 2017/5/22 140 ひたすらに無駄口きかず聴く事が出来てやっとのセラピストかな 141 孫さんの思うがままの日本人無料の飴と約款の鞭 142 薔薇の花スガタカタチを競うより香りで誘惑して貰いたい 143 待ちうけを40代に替えました見透かした目のニヒルがいいね 2017/5/23 144 マニスをね矯めつ眇めつ眺むれば師の好みなど判る気がして 145 お休みに今日もご予約入れたりて明日も出稼ぎ8時間踏む 146 もう何も捨てる物など見当たらぬそろそろ探そう愛すべきもの 147 戸惑いは脱ぎ捨てちゃったものたちを拾い集めて短歌詠むこと 148 紫陽花の枝を短く切ったので小振りの花がポンポン咲いた 2017/5/28 149 宥の字と厳の字の意味調べたりなるほどそうかイマサラデスガ 150 この私50になれば落ち着くと言われた50はとうに過ぎたり 151 スーパーで買わぬ野菜を投げたひと浄玻璃鏡に後悔遅し 152 あぁ誰か別れる術を教えてよさよならだけが人生でしょう 153 真白から頬ほんのりと紅に山あじさいよお見事ですね 2017/5/29 154 こんなにも心惹かれるスズランや強い毒性あるというのに 155 どうしてもカーネーションは嫌いですお花に罪がある訳もなし 156 お休みの前の日だけはニンニクをたっぷり使うメニューを選び 157 本当に今の自分がしたい事出来る事かと常に自問し 158 こっぴどく貶されたならその10倍誉めてくれそな貴方にダッシュ 2017/5/30 159 大欠伸すれ違いざまオジ様にあごが外れてしまいますぜと 160 勝手口夕暮れ時にミャウと鳴く手のひら程のあやうき命 161 手を伸ばしすくってみようと思いきや陰に隠れし親猫子猫 162 無理なのよウチに5匹は恨むなら私じゃなくて亭主にしてね 163 是非も無し両親共に末っ子のその末っ子は愛されキャラで 2017/6/2 164 長崎の土産話に盛り上がり行く当てもなき宿の名メモって 165 テンボスのバーチャルめがね恐ろしや脳は誠にお馬鹿さんだね 166 一年にたった一度の贅沢に庭の紫陽花山盛りに活け 167 トイレには八重のドクダミひと抱え君にみせたや水無月の事 168 夜明け前寒さに目覚めふとみれば窓よりそそぐ母なる明星 2017/6/4 169 髪のため地肌のためと我慢したパーマをかけし梅雨入りの午後 2017/6/9 170 主人には内緒にしとこデパートのトイレに忘れし買い物の事 171 今日も又稼いでくるからドンドンと使って待てというはずも無く 172 頂いた梅を漬け込みようように梅雨入り支度した気になりて 173 長雨の音聞きながら散々な恋の事など思い出したり 174 楽健で人は本当に痛い時笑うの心これいかに 2017/6/14 175 極楽じゃ仲間にオイルマッサージして貰いつつあるある話 176 介護士にフェイスエステのボランティア見学したいと目を輝かし 177 杏ジャム作る前から唾液湧き喜ぶ笑顔先に頂き 178 ここんとこ何かいい事あるようなそうじゃカープがあるじゃないか 179 右向きて左を向かば茗荷好き閃いた歌さらりと忘れん 2017/6/15 180 ブーツから一気に下駄へ衣替え鼻緒の柄は緋の江戸小紋 181 さりげなく夫の事と妻の事話題にのせず距離を測りて 182 身内では60分が辛いけどお客様なら2時間楽勝 183 手作りの味噌の話に飛びつけど仕込みの2月に志あるや無しや 184 空梅雨に勘違いしてひぐらしや相手求めてジジジジ・・・ 2017/6/23 185 余りにも柳に雨が風流で時を忘れてしばし眺むる 186 何処に行き何を食べるかそれよりは誰と一緒かあなたとがいい 187 ともすればホメオスタシス作動して膨らんだ夢バチンと萎み 188 ここんとこお一人さまが上手くなり奈良の教室迷わず参り 189 念願の奈良教室は修行の場人間力を試されん哉 2017/6/27 190 いとはんは夫婦漫才ツッコミで谷また谷を笑いで支え 191 先生にちゃらんぽらんを褒められて指さす大師にこれでいいのだ 192 駅弁を食べる様子も苦しげで隣のお方どんだけですか 193 眼の前で甘える我が子見ないふりスマホ相手に媚び笑顔して 194 テレビ断ち時間あまりてYouTubeツレが拓郎好きとは知らず 2017/7/1 195 福岡の豪雨情報眺めては阿闍梨の庫裡が気にかかりたり 2017/7/6 196 がらんどうついに阿闍梨の真骨頂拝むその日が7月8日 2017/7/8 197 たまさかのチャンスを無駄にせぬように車中瞑想耳育はげみ 198 お土産の珈琲の香で気分あげ心細さを勇気に変えて 199 17期写真頼りに皆さんと対話済ませて準備万端 200 奉納舞神様もまた美しきものを愛する存在と知る 2017/7/10 201 満月に阿闍梨の唄うかぐや姫本堂で聴き至福味わう 202 あまりにも素敵すぎるわ流美さんの車両に偶然乗り合わせたり 203 たかおさんたかおさーんがなかおさんかと聞き違え都度振り返り 204 即興でお経に合わせピアノ弾く我が広島の人よ嬉しや 205 お手本を見習いツレを楽健に誘う自分にびっくり仰天 206 世界中阿闍梨に指示を出せる人いとはん一人他になし 207 丁寧に確かめながらしっかりと踏む前にまず立ち位置大事 208 リクエスト朝夕2回瞑想の時間があればいとありがたし 209 断捨離にハマって2年人生がごきげんさまに大転換す 210 男前記述係の伸子さんミソヒトモジでどうかお許し 211 300もひねれば何かまちがいで傑作生まれないとも限らず 2017/7/11 212 素晴らしいすべて短歌で嬉しいな歌詠み仲間ついにゲットじゃ 2017/7/12 213 師にふいにそそのかされし歌詠みもこれ程自由無限はなしや 214 まほろばの友と出逢えた喜びは日々のストレスうち勝つ糧に 215 17を我のラッキーナンバーに定め生涯楽健の道 216 改築で風呂無し続き無精髭セクシーだよと教えてあげない 2017/7/19 217 みちくさと言う名の店で2人して昭和チックな会話楽しみ 218 駅ビルのスタバ神社でお布施して英気養い午後の仕事へ 219 シトロネラ憎きあいつに嫌われるボディスプレーあったじゃないか 220 不必要芸能人でもあるまいしホワイトニングを断られたり 221 露天風呂岩湯に浸かりうつむけば無駄に美し20歳の乳房 2017/7/21 222 溜め込みをコレクションだと言い張りて捨てる痛みを先延ばすツレ 223 揖保乃糸2分きっかりネギ生姜他にはいらぬ猛暑の肚に 224 名も知らぬ夏虫の音のいじらしさ命の限り届けラブソング 225 じゃんけんで必ず負ける得意技ちびっ子ギャングご満悦にす 226 拓郎の広島弁が流れてたその頃消してしまいたい過去 2017/7/23 227 梵字3つ残していった地味美人今も不幸を演じているか 228 我が愛しのクリントイーストウッド様いつも名前が出てきやしない 229 新規様ポツリポツリと身の上を話し終えたらサバサバ帰り 230 採りたてのモロコシご飯最高です芯をぶつ切り入れるがコツよ 231 あれも嫌これも嫌だという友にパン工房で修行させたや 2017/7/24 232 毎度ありそれじゃ又ねが言いたくて同窓会の幹事を務め 2017/7/27 233 私たちこれから先はどうなるの見えてしまえば立ち往生ね 234 天邪鬼気質年々強くなるツレの遠隔操作巧みに 235 2人して延命治療拒否宣言事前の記してうなぎを喰らう 236 ➑❻を間近に控え短歌詠むこの平和より守るものなし 237 夏の午後ひとりしみじみひまわりと言う名の映画観たくなりけり 2017/7/29 238 機嫌よく鼻歌うたや音程と歌詞をいちいち子に訂正され 239 宝クジ万が一にも当たったら嫌な奴らが寄りそで買わぬ 240 幸せにしてあげるって言ったじゃない信じた貴方今更遅い 241 さあ注ごうカープが勝った翌日はガソリン2円安くなるから 242 人類の他には無しやゴミを出す地球生物底なしの欲 243 ささやかに生きんとすれどゴミだけは途方にくれる程人並みに 244 ネット買いカード決済日常にされど慣れぬは過剰包装 245 もし仮にゴミが出せなくなったなら遠い未来の話じゃなくて 246 もしかしてお金もゴミに使わずば燃えるゴミとか不燃ゴミとか 247 五輪書ベッドサイドの愛読書これに勝れる入眠剤なし 2017/8/5 248 太田川その水底に眠りたる72年の声なき声が 249 居眠りて子供みたいな母親と母親みたいなお子さんと 250 車両中睡魔席巻中刷りのオコゼの顔が呆れてポカン 251 またしても乗り過ごしたる我なれど短歌のネタにほくそ笑んじゃお 252 碧と蒼東洋の知恵阿闍梨への畏敬の念を描く青の目 2017/8/14 253 男前惚れてまうやろ合気道弱気を助け唯前を行く 254 待ち遠し大麻飾りイヤリング払いたまえて清めたまえて 255 月一が癖になりそな東光寺わがまま気まま強制施設 256 教養も知識も無くてとりあえず阿闍梨の話頷いておく 2017/8/18 257 言うものか阿闍梨の背中見ておれば忙しいとは口が裂けても 258 宥の字と我の佳の字で詠む人よこれを奇跡と呼ばしめんかな 259 気が付けばつま先立ちの効用を楽健前後に語りまくりて 260 皆が皆心の中の鈴の音に耳を澄ませば願いは一つ 261 人の手で地球は破壊する事を初めて知った1945 2017/8/24 262 いたわしや短歌のネタの柳など見せたし君は床に伏せりて 2017/8/28 263 足の指折り曲げながら話す癖真似て阿闍梨を身近に想う 264 まず我が輝く命手に入れて世に広めたし楽健酵母 265 数値より匂いを嗅いで判断す何かにつけてアリだと思う 266 床材がヒノキと知りて主人どの急に愛着湧きて笑顔に 267 母のよにならぬと決めて母になり馴染めぬ母の初盆迎え 2017/9/11 268 楽健をふむ目の先に地蔵様蜘蛛の巣オーブふたつ揺らめき 269 プップップップスッ発酵種に耳をあて我が家の居心地尋ねてみたり 270 笑わない詩人はむやみに笑えないいつも静かに思索めぐらし 271 思索する術を持たざる我なれど内なる叡智に迷う事なし 272 網膜に焼き付くような雷光が911を忘れまいぞと 2017/9/22 273 曼珠沙華恋する女は罪作り言われてみたや赤い群生 274 無人駅小雨竹林上古沢道を譲って極楽橋へ 2017/9/27 275 子を憂う母と母とが高野山早すぎもせず遅すぎもせず 2017/9/24 276 早すぎず遅すぎもせず東光寺坂を登りつ意識高まり 2017/10/12 277 いとはんも人の子でした疲れたと大の字になりされるがままに 278 パン種を90gにしてごらん師の一言でふわふわもちり 279 婿殿のうまいうまいの絶賛にパン種抱いてガッツポーズす 280 きっぱりと薬を断ってふたつきに楽健パンにこの腹托し 281 人としてワンランクアップしたみたい天然酵母熱く語れば 282 焼きたてのパン切り包丁欲しくなりあれやこれやと悩む幸せ 2017/10/11 283 小池さん一皮むけば安部自民かすかな希望カオスに消えり 2017/10/14 284 大恩を返すチャンスを頂いた我が連れ合いの誇らしきかな 2017/10/15 285 将来の考古学者はオカッパで傘の柄顎に握手に応え 2017/10/16 286 特製の枝豆ごはん頬張りて機嫌麗し師の神無月 287 太古よりDNAに刻まれし音に誘われくねくねダンス 288 蜘蛛の巣に囚わる虫と言われしが我に写るは修行僧なり 289 本堂の完璧なるやセッティング最上級のこれオモテナシ 290 きらきらと夕暮れ時の傘の中そこだけ光るまんまるお目々 2017/10/19 291 夢の中恋人がいて触れ合えどいつの時代の誰かも知れず 292 友が逝きまるで実感ないままに明日は我が身と口にするなり 293 香り立つ優しい食事しておれば優しい女(ひと)になれるかしらん 294 我が病今をときめく大馬鹿とおなじゅうにして肩身狭くし 295 理由なき病となれば当然に理由なくして緩解必至 2017/10/29 296 ドタキャンで小雨そぼ降る午後なれば急ぎ帰って落花生ゆで 297 よるべなしご予約ゼロの夕暮れは過去の過ちゾワゾワザワワ 298 こんな日は花屋で見かけたモンステラ2枚もとめて窓辺に活けよっ 299 ドタキャンは神様からのプレゼント履く拭く磨くパン種おこし 300 お節介持って生まれたこの性分クールなつれに分けてやりたし 先生、やっとお約束の300首できました。 短歌と言えるかどうかは別として、その時々の正直な気持ちです。 傑作は生まれませんでしたが自分なりにどれも愛しいです。 本当にありがとうございました。

Dscf0190

« 楽健短歌 日野宥佳  | トップページ | 楽健短歌 筧ミツル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/71931852

この記事へのトラックバック一覧です: 楽健短歌 中尾佳那恵:

« 楽健短歌 日野宥佳  | トップページ | 楽健短歌 筧ミツル »

最近のトラックバック

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル