« 台所の文明観 | トップページ | 松前旅館楽健法講習会 短歌の試み »

2017年12月 3日 (日)

少子化対策だという馬鹿な提案について

 日本の人口減少の対策に、四人の子供を産んだら表彰するというこの女性議員の発想の貧弱さは、日本の国会議員が如何に問題の根本を認識していないかということをよく表している。

 介護や保育に携わる人の薄給ぶり、派遣社員の低収入で結婚どころではないという実態を改善して、適齢期に結婚生活が成り立つような労働条件の改善なくして少子化の食い止めようなどあるはずはない。国が少子化を心配する最大の要素は徴兵する対象が減るということである。

 戦前の日本では、ドイツでもそうだったらしいが、産めよ増やせよは富国強兵の兵隊を増やす国策であった。国家のその国策に煽られるように、小学校2年の一人っ子だと思い込んでいた両親に私が生まれ、その後隔年ごとに出産して七人もの多産の母となった。

 幸いにして日本が戦争に負けて、私は徴兵兵役に駆り出される巡りにならなかったが、今の自民党の野望には富国強兵の残滓が強く生き残って国民を意のままに使役したいのである。

 喫緊の課題は派遣制度の禁止である。

 野党も問題の根源を見据えて何を政策として取り上げるべきかを明確に掲げて論争すべきだと思う。

https://www.facebook.com/ytokoji/posts/1543240339089170

« 台所の文明観 | トップページ | 松前旅館楽健法講習会 短歌の試み »

健康思想と実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1404289/72362808

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化対策だという馬鹿な提案について:

« 台所の文明観 | トップページ | 松前旅館楽健法講習会 短歌の試み »

最近のトラックバック

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル