最近のトラックバック

ウェブページ

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

題名表示

タイトル表示

  • タイトル

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の103件の記事

2015年1月30日 (金)

楽健法元年 今年の講習会の企画

 楽健法元年を宣して、今年はより意欲的に楽健法の普及に取り組むつもりです。
●これに呼応して、奈良市内の西大寺で5月2日にかなり大がかりに楽健法講習会を髙橋トーマス流美さんが企画してくれています。
●わが故郷の徳島市でも4月29日に下山礼子さんの企画で楽健法講習会が開かれます。
問合せ申込予約は、下山礼子さんまで 連絡先電話 090-4976-8801

上記は詳細が決まりしだい公開します。

●奈良テレビで2014年12月19日に放映された高山トモヒロさん出演の「気ままに歩こーく」という番組。楽健法体験の収録です。小学校の取材のあと東光寺山へ登って来られ楽健法の体験。 録画したテレビを再生しながらカメラで動画撮影しました。

このTVをごらんになって、昨日1/29、楽健法の体験に橿原市からご婦人が来られました。





2014年7月27日 (日)

米子楽健法講習会のご案内

二人ヨーガ楽健法米子講習会のご案内

 

楽健法とは二人一組になって相手のからだを足で踏んでほぐしていくものです。

固くなっている筋肉をほぐし、血液やリンパの詰まりを取り除き流れを良くして、体にたまった老廃物が排出され代謝が促されます。体がスッキリ軽くなり踏んだほうも元気になります。また、相手とコミュニケーションを取りながら行うため、思いやりや気づかいの心が生まれます。日頃の疲れを楽健法で解消しましょう。

 

講  師:山内宥厳先生 楽健法研究会本部 奈良県桜井市谷 東光寺住職

 

日  時:  平成26年11月29日(土)  ;             平成26年11月30日(日)

             9:30~受付開始             8:30受付開始

            10:00~12:00(講義)          9:00~12:30(実技講習)

            12;00~12:30(昼食」)

            12:30~16:00(実技講習)

            16;30~懇親会

会  場:M3 エムスリーカルチャースクエア 米子市錦町1-20-4(0859342377)

 

持参する物;フェイスタオル1枚動きやすいズボン長袖Tシャツでご参加下さい。

        ヨーガマットをお持ちの方は持参してください。

 

{申込先}

  楽健法の里 090-9464-1149  0859-34-1684(TEL/FAX) 西山

 

        29日午前のみ参加   4000円  ・29日午後のみ参加  7000円

        29日全日参加     10000円  ・29日懇親会は希望者のみ各自負担                      

                                           (昼食は参加費に含む。)

        30日参加費       7000円(講習終了後は解散となります。)  

 

          *いただいた個人情報は楽健法以外では使用致しません。

 

 

2014年5月27日 (火)

7月12日夜 東光寺のインド舞踊とひとり芝居 案内

         東光寺の催し案内 

日 時   2014年7月12日(土)  

会場   東光寺本堂      駐車可   
開 演   インド舞踊   18:30〜19:15                         一人芝居    19:30〜20:40

入場料  2500円  当日受付で。

マドゥ・プリヤさんの奉納インド舞踊奉納は13年間、続けています。
山内宥厳和尚のひとり芝居と相まって年中行事となっています。

ぜひ、この機会にご観覧ください。

Regard

 ●マドゥ・プリヤさんのメッセージ

 おかげさまで東光寺での奉納舞台も今回で13回目を迎えることになりました。
 これも山内宥厳先生、幸子先生のご厚意と楽健法の生徒の皆様のご協力のおかげです。今年も感謝をこめて精一杯踊りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 ここ5年ほど、一人の神様にテーマを絞って長い重厚な1曲を踊ってきましたが、今年は趣向を変えて、異なる神様の曲を二曲:世界の破壊を司り、踊りの王であり、ヨーガ修行の守護神でもあるシヴァの踊りと、シヴァのパートナーで美しく慈悲深い女神、ドゥルガーの踊りを紹介したいと思います。

 前者では、太陽の何千倍、何万倍もの勢いで光り輝くシヴァ神の踊る姿が、いきいきとダイナミックに描写されています。

 またシンバルとステップのリズムの掛け合いも見どころです。

 後半の女神の踊りは、彫像のように美しいポーズと、ダイナミックなジャンプや回転が特徴のとても華やかな踊りです。

               ========================================

      ひとり芝居 

     がらんどうは歌う 

 昭和20年7月3日夜、徳島市は米軍の空襲によって焼き払われました。
 小学校(当時は小学校とは言わず、国民学校と呼称した)3年生だった山内宥厳(博之)は飛行機の爆音と焼夷弾の落下音、燃える町を背に、父に早く逃げろとうながされて弟とふたりで必死に逃げました。この時の経験を踏まえて書いたのが、がらんどうは歌う というひとり芝居の戯曲です。この芝居は劇団・阿修羅という劇団名で俳優の浜崎満が演じ、山内宥厳は演出と音楽、照明を担当して、大阪、東京、長野、神奈川、神戸など各地で公演を重ねてきました。

 東光寺へご縁ができてからは、宥厳和尚が俳優として演じるようになりました。
 一時間ほどの芝居ですが、いつまで演じることができるだろうかと思いつつ今年もチャレンジします。ピアノも宥厳さんが演奏する笛も即興でどんなコラボになるのか、楽しみにぜひご来山ください。

作・演出 出演  山内 宥厳
    ピアノ  西澤 真由美
    照 明  近藤 琴美

 入場料 2500円 電話で予約してください。

 駐車場あります。
 終演後、食事の接待があります。

==============================

山内 宥厳

磐余山 東光寺 楽健法研究会

〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1

電話と電紙 0744-46-2410

携帯 090-4301-0228

ytokoji@begin.or.jp

http://www2.begin.or.jp/ytokoji/

==============================

 


2014年4月15日 (火)

楽健法研究会阿蘇研究合宿

 楽健法研究会 阿蘇研究合宿 案内の葉書を作成しました。

  講習会に参加希望に方は、電話かメールでお申し込みいただければ詳しい案内状をお送りいたします。会場の都合で人数に制限がありますので、参加ご希望の方は早めに予約してください。
参加申込は予定人員があと数名になりました。
間もなく〆切にします。 
 阿蘇の小国の波多野毅さんがやっていられるTAO塾へは、熊本空港または福岡空港から、バスがあるそうですが、1日に2便だとか、新幹線博多からの都合はどうなのか、などアクセスはしっかり把握して、切符の手配などする必要があります。
 詳細の案内にはこのへんもしっかり把握出来るように説明する予定です。  

Asogassyuku


TAO塾のホームページも参考にしてください。 http://www.taocomm.net/

2014年2月16日 (日)

沖 縄 楽健法講習会のご案内

沖 縄 楽健法講習会のご案内 

主 催 : 沖縄楽健法研究会

 

今回は、沖縄で2カ所、糸満の「長谷寺」と、沖縄市の「ゆいクリニック」で「楽健法講習会」を開催します。参加費用は、どちらも1人5000円です。一部でも、また両方でもご参加ください。できれば2月24日()くらいまでにお気軽に申し込んでください。

 

講 師  広島楽健法研究会代表 工藤和子先生

 

2月27日

長谷寺 午後2時から6時まで

糸満市潮平1番地 長谷寺  

定員30名   講習費5000円

申込み電話 098-852-3533  FAX098-852-3534

 

2月28日

沖縄市、ゆいクリニック  午後5時半から9時半

 沖縄県沖縄市字登川24443

定員14名  講習費5000円

お問い合わせ・お申込み : 古川 まり (ゆいクリニック助産師)

 07065266194  irukadokoniiruka@bb.ne.p

スペースの都合上、事前に申し込みしていただけるとありがたいです。

お支払いは当日でけっこうです。

 

楽健法は二人ヨーガとも言われ、奈良県の東光寺の御住職でいらっしゃる山内宥厳先生が創設されました。二人組になって、足で踏みあう健康法です。

妊産婦さんは、おなかの赤ちゃんが大きく育つにつれ、腎臓、肝臓へ負担が、かかります。足の付け根から、太ももの内側を踏んで、ほぐすことにより、循環が良くなり、老廃物が流れます。ゆいクリニックでは、マタニティクラスで、楽健法を紹介しています。パートナーに踏んでもらって、冷えや浮腫み、こむらがえりが改善されたという報告をいただいています。セルフケアを続けていくと、腎臓、肝臓への負担が軽くなり、安産傾向になります。
 宥厳先生がお書きになった「二人ヨーガ楽健法」五月書房には、体験談の紹介があり、、楽健法で児頭大だった子宮筋腫が小さくなったという報告もありました。

骨盤内のうっ血が改善されたのでしょう。

  ご家庭でいたわりあって健康になれる、場所もお金もかからない、という点で素晴らしい健康法だと思います。

ぜひ、老若男女どなたでも、妊婦さんも参加できます。 (古川まり)

 

       ============================

楽健法とは楽健法の根本は、自分自身で治る力(自然治癒力)を引き出すことにあります。

私たちの筋肉などは、仕事や精神のストレスを受けて、いつの間にか、こり固まっています。こり固まると、血液やリンパや交感・副交感神経など体内循環を悪くします。体内の流れがつまれば、当然に病気にもなります。 楽健法は、そのこり固まった筋肉などを、柔らかくするために、足裏全体を使ってもみほぐす療法です。指では力が不足するところを、足を使うために、固まった筋肉などを、見事に柔らかくして、血行や循環の流れを改善します。循環が回復されれば、自分自身で治る力がわき上がってくるわけです。その治る力を引き出すのが、楽健法だというわけです。 

 

楽健法は、二人ヨーガとも呼ばれて、二人一組となって行う健康法です。一人は施術者として、もう一人は受け手になりますが、次には逆の立場で行います。

また足を使うので、子供や女性など、力の弱い人でも、手で行うより簡単で、広い範囲に、奥深くまでもみほぐすことができます。楽健法は、自分の力で大切な人を癒すことができ、また自分の力を引き出し治る道でもあります。 

 

昨年、沖縄に初めてこの楽健法の創始者の山内宥厳(やまのうちゆうげん)先生をお迎えして、沖縄楽健法研究会を発足しましたが、今年は山内先生の高弟である広島県の工藤和子さんにご縁があってきてもらうこととなりました。参加お待ちいたしております。

 

               沖縄楽健法研究会代表 長谷寺住職  岡田弘隆

 

 

 

2013年11月29日 (金)

下り魂 上り魂

   今週、久しぶりにお会いした、中島和子(なかじまよりこ)先生からいただいた、貴重な神道の本、荒深道齊先生の神之道初學を読んでいましたら、以下のような記述がありました。いまの日本人のぶれまくっている、政治から経済人、商人の誇りを無くしてしまった現状を見るに、以下の記述は、われわれが目にする人間が、どういう魂をもった人間たちであるのか、考えさせられます。

下り魂、上り魂
人の魂には下り魂と上り魂とありて、降りの人を眞靈人(まひと)とし上り魂を禍霊人(まがひと)となす。人には聖人、常人、愚人、白痴人の四階級ありて、其内の聖人、常人は眞霊人にて、愚人、白痴人は禍霊人と云ふ。
 何時の世にも眞靈人と禍霊人は半づつ生るる者なれども、此日本の元津島根は古より眞人の眞國なりしが、今は外所世の禍人(まがひと)の教え入りし國となり、天津大法事(あまつおおのりこと)を忘るるが故に禍霊人多くなれり。

Shintou

2013年9月19日 (木)

東京楽健法研究会の東光寺合宿と催し 10月4日〜6日

東京楽健法研究会主催の東光寺合宿が10月4日から二泊三日で行われます。

合宿二日目の5日夜は、里見まこさんのインド舞踊と宥厳和尚の一人芝居「がらんどうは歌う」の公演があります。
出 演 インド舞踊 里見まこ 


Mako3



プロフィール

 1988年、YOGAに出会いその哲学から生きることの喜びを知る。国内でバラタナティアムをマ.亜土夢.プラチッタ氏より8年間学ぶ。南インド、タミルナドゥー州、チェンナイにて「NRITHYA JOTHI」を主催する GURU UMA SUNDARAMに師事、理論と実技を学ぶ。 以後、毎年渡印を重ねる。

  現在、新宿産経学園講師。埼玉県戸田市・蕨市の教室、春日部の教室にて指導する傍ら、各地のイベントでバラタナティアムを紹介している。


 

 一人芝居

「がらんどうは歌う」山内宥厳作・演出

出演 山内宥厳

音楽 西澤真由美

照明 近藤琴美

今年は沖縄でも公演しました。東光寺では5月につづいて今年2回目の公演です。



Th_dscn0305_4




会 場 東光寺本堂 〒633-0053  奈良県桜井市谷381−1 
          参加予約電話 090-4301-0228 まで
          メール予約 ytokoji@begin.or.jp
日 時 10月5日 開場18:00  開演18:30  終演20:40頃
参加費 2500円 
終演後、夕食の接待があります。
やや涼しい季節なので、東光寺山は肌寒いかも知れませんので上着をご用意ください。
虫の音がさわやかな夕べになることでしょう。
ご参加をお待ちいたしております。

2013年6月19日 (水)

沖縄楽健法研究会 発足記念行事 8月23〜25日

  沖縄楽健法研究会 楽健法講習会と宥厳先生の記念公演の案内

 たくさんの方々から発起人、呼びかけ人になってご協力いただきありがとうございました。楽健法は速効性と持続性があり、人々を互いに理解しあい結びつける働きをもった健康法です。みんなが解放感をもって笑顔を交わす、コミュニケーションの深まる健康法です。足腰が弱くなってきた高齢の方も、楽健法をしばらくやっていると、足腰が回復して動作が敏捷にできるようになってきます。
 病院のリハビリでなかなか回復しないひとも、楽健法に取り組んでみてください。病気は薬だけが治すのではなく、楽健法をやって体が柔らかくなり、循環がよくなって、からだの内側から自然にもとの元気を取り戻してくれるのです。

 沖縄楽健法研究会の講習会は、いままで楽健法に出会うことがなかったたくさんの人々伝わっていくいいきっかけになることでしょう。

 参加お待ちいたしております。
 詳細は下段、または画像をクリック拡大してごらんください。

※申し込み、お問い合わせ先
 irukadokoniiruka@ybb.ne.jp
070-6526-6194(ふるかわ まり)

Rakkenho_flyer1_2

Rakkenho_flyer2

      沖縄楽健法研究会 発足記念行事 8月23日〜25日

 楽健法はいま世界各地で広がりつつあります。といってもいまのところはアメリカのロサンゼルス、シアトルなどで、楽健法に出会って気づいた有志のごく少数のひとたちですが、ロスでは福山教室で数年学んだプレム・アジェイ(マット君)が定期的な勉強会を開きました。

 関西では、インドネシアの総領事夫人を中心に毎週定期的に楽健法の会を開いています。近く総領事夫人は、総領事の任期が終えてインドネシアに帰っても、楽健法は仲間を集めて継続し、広げていきますとのことです。
 今回の沖縄楽健法研究会は、当初、助産師の古川万理さんが奈良イオンハウスの講習会に来られ、沖縄でも楽健法講習会をぜひやりたいのでということで個人的な企画ではじまったのですが、相談のため、講習会の会場に予定していた長谷寺のご住職、岡田弘隆師とご一緒に奈良イオンハウスの講習会に来られたのですが、そのおりにいろいろ話し合っていましたら、私の友人の平塚市の宝善院のご住職、松下隆洪師の親友だということがわかり、ともにびっくりしたことでした。
 そういう仏縁の不思議もあり、沖縄の講習会が単発でおわるのではなく、今後も楽健法を沖縄に定着し、普及させることが大事だということから、沖縄楽健法研究会を立ち上げることになってきました。まだまだ詰めが十分とはいえないながら、発起人、呼びかけ人などに、松下隆洪師や東京楽健法研究会にも参加されている、助産師の宗祥子先生も呼応くださって、とりあえず動き始めております。

 宗祥子先生から沖縄楽健法研究会にたいする支援の推薦文を以下のようにいただきました。

 楽健法は夫婦で行うとても効果的な健康法です。お互いの足で相手を踏むことで驚くほどの効果が出ます。妊婦さんは初期から臨月まで、陣痛中ですら行うことができます。もちろん産後の疲れたときにも最適です。ご夫婦や親子、ご兄弟など身近な方と出来るのでわざわざ出かけたり、治療にお金をかけたりする必要もありません。お互いの体を足で踏むことで手で施術するよりもずっと楽に効果的な結果を得ることができます。 妊婦さんにとっては楽健法を行うことで本当のリラックスを得ることができます。本当に体が緩んでこそはじめて効果的な陣痛が得られます。効果的な陣痛とは赤ちゃんを生み出すための強い力です。十分にリラックスしたからだでなければ効果的な陣痛を得ることができません。楽健法を行うことで仰向けに、なったり、臨月でもうつ伏せで寝ることもできるのです。  仰向けになったりうつ伏せになれない方は背中やお腹が張っているからです。十分に楽健法でリラックスすることで妊婦さんでも本当に楽な格好をすることができます。  妊婦さんでも、そうでない方でも楽健法で本当の健康を手に入れましょう。

                     松が丘助産院 院長  宗 祥子

 宗祥子先生ありがとうございます。妊婦さんは楽健法をすることで、ふとももの緊張がほぐれるので、産道が広がりやすくなり、高齢出産のご婦人でも、若い人に負けないほど安産されるのです。

 新しい情報はこのブログに追加していきますが、とりあえず作成した案内ビラをここに掲載することにしました。
以下はフェイスブックに東京楽健法研究会の仲間がアップしてくれたのを引用させていただきました。

      ☆「二人ヨーガ楽健法 沖縄上陸」のお知らせ☆

2人一組になって、足でパートナーの体をほぐす「二人ヨーガ楽健法」が、沖縄にて研究会を発足する運びとなりました。
楽健法の創始者であり、アクターでもある山内宥厳先生の一人芝居「がらんどうは歌う」公演も開催します。

 ぜひぜひ足をお運び下さい。

※申し込み、お問い合わせ先
 irukadokoniiruka@ybb.ne.jp
070-6526-6194(ふるかわ まり)

◆8月23日(金)
 一人
芝居「がらんどうは歌う」公演
 18:00オープン 19:00スタート
 @カフェ イオンカ

◆8月24日(土)
 楽健法講習会
 9:00~14:00
 @長谷寺 はせでら

◆8月24日(土)
 楽健法講習会
 16:00~21:00
 @カフェ イオンカ

◆8月25日(日)
 楽健法講習会
 13:00~18:30
 @ゆいクリニック

◆8月26日(月)
 楽健法講習会
 10:00~16:00
 @長谷寺 はせでら

参照 

●café ionca 
〒903-0116 沖縄県中頭郡西原町幸地208 

T+F  098 943 3434 love@cafe-ionca.com
水、木、金、土 11:00 〜 16:00 営業
Pあり
46.糸満西原線(鳥掘経由)「幸地」バス停より徒歩5分
http://buste.in/search/bus/list/BusteisRosenNm/list2/29359


●ゆいクリニック

Footer

 


長谷寺 http://www.hase-okinawa.com

真言宗豊山派 沖縄山城間院長谷寺(通称 沖縄の長谷寺)
開門時間 夏期 7:00-19:00  冬期 7:00-18:00
駐車場 料金:無料 マイクロバス数台、普通車は最大30台駐車可能
住職 岡田弘隆 (おかだこうりゅう)
住所 〒901-0302 沖縄県糸満市潮平一番地  電話 098-852-3533

 

2013年1月 6日 (日)

オノト万年筆の話

FaceBookに書き込みしたものです。

75039_448235641922984_183557256_n

丸善で購入した限定版の1996年当時、3万円以上した高級手作り万年筆です。
ペン先に弾力があり書きやすい。



山内宥厳レポート
kindleの無料本に漱石の(余と万年筆)というエッセイがあったので読んでみました。漱石の愛用した万年筆の復刻万年筆というのを昔丸善で購入し、いまも使っているので読んでみたのですが、終わりごろにオノト万年筆という名前が出てくるので検索してわかったのはぼくが丸善で買ったのは以下の最後に書かれているオノト万年筆の復刻万年筆だったということで、びっくりしました。1996年のことだったのですね。


検索結果の記事 樂天のショップに記載があった。

1906年にイギリスのトーマス・デ・ラ・ルー社がオノト万年筆を発売しました。 ("onoto"というブランド名は世界のどの国でも同じように発音できるよう考案された造語)
日本では丸善がデ・ラ・ルー社の日本代理店としてオノトの輸入販売を開始し、多くの作家が愛用(夏目漱石、菊池寛など)。
後に、売り上げ低迷によりオーストラリアに製造ライセンスを譲渡し、コアラ・ブランドとして発売されるも不評のまま消えていきました。
1996年には川窪万年筆製作所からオリジナルに忠実なオノト万年筆が復刻販売されました。

明日からパン工房起動します

 新年明けましての挨拶が遅くなりました。
 下段に年賀状をアップしました。

 今年も明日から楽健寺パン工房を始めます。年末から今日6日まであっという間に過ぎてしまいました。東光寺山は落ち葉に埋まっていますが、さくさくと枯れ葉を踏んで散策するのは気持ちのいいものです。

 数日前から風邪気味で昨夜は卵酒を作って飲んで6時過ぎから早寝をしました。11時過ぎに目覚めたので、白湯にプロポリスを10滴ばかり入れて飲んでふたたび寝床へ入りましたが、なかなか寝付かれず、kindleでメールチェックして返事を書いたりしているうちに寝付けなくなり、amazonの無料本のタイトル、ほとんど青空文庫のものですが、ここで「フランダースの犬」を見つけて読んでみました。有名な本であることは知っていましたが、読んだことはなかったのです。

作者名もはじめて知ったようなことでした。マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー。

ネルロという貧しい少年とパトラッシュという労働犬の出会いから死までが描かれたかなり残酷物語です。素直できれいなこころを持つ前途有望であるべき画才のある少年は、貧しさ故に、心ない大人から差別され、その日の食い扶持も満足に得られない状況に追い詰められ、必死に入選を目指して描いた、老人を描いた絵は落選し、何一つ叶えられることなく、失意のなかで餓死に追いやられて、絵を見たいと念願していた教会の扉が偶然開いていたので、ルーベンスの絵を見上げながら死んでいく。

 児童文学の名作とされているが、恵まれている子供たちには、このような残酷物語を与えることで、人生のなんたるかを教えることができると考えられているのだろうか。

 まだぼくの風邪は良くなっていないが、ネルロ(Nello)の人生にくらべればわが少年時代の暮らしはずいぶん恵まれていたことであることよ、と思いながら明日のなりわい、パン工房へと出かけることにいたしましょう。

2013

より以前の記事一覧